Cool Pepper Page 01 “Cool Pepper Page”
Kinohito KULOTSUKI

  I am odd being on thinking everything. “Hot spice” was a song title of “Rebecca” as Japanese pop music group. “Hot pepper” may be used as a shop name or a magazine name and so on. Well, is “Cool pepper”? It may be absent name. Good! A set of my cool stories will have this one as a symbol name. Since, in my home page, there are many paper-like pages, but they are difficult to read. So I want easy page to read. To see, there is a branch page of “Mind Polyhedra”, where a picture, a poem, a short story, an essay are live. But these pages come from several results of my daydreams and nightmares. Surely I am odd tree man on black moon. However, I am aware I am not in sleep. So I will try to note my sure events on my thinking cloud drifting from odd memory chips as sure as possible with a heart of cool pepper. This is not a paper but a pepper calling a sneeze of cool viewpoint as calm as possible. But I want have free page of none color, perhaps cool pepper means nonsense or none power, oh, it may be suitable meaning. As I write something, as it paints some color on this page, however, a mixing of several colors of light changes to none color light. But a mixing of several colors of paint changes to the base of black moon. Either light or paint draws something and it soon disappears in the ground of our world. It is all right. Above thinking cloud may come from my cosmic half being out of my aware consciousness. (2008.12.10)

 Oh, I notice! When research a word, I might have input “cool papper” as “cool pepper” which I thought. So it is natural that this is absent name. Once I research again, “cool pepper” is used as a spice shop or as a band group. What do I think? They are in far countries, and different field, but I am doubtful.

  Aha, the answer may be not “Cool pepper” but “Cool pepper page”. (2008.12.11)

 私は奇妙なことばかり考える。「ホットスパイス」は日本のポップグループの「レベッカ」の曲名だった。「ホットペッパー」は、店名や雑誌名などに使われているらしい。では、「クールペッパー」はというと、未使用らしい。いいぞ。私のクールな話を集めて、そのシンボル名としよう。私のホームページでは、論文調のページが多いが、とても読みにくい。でも、読みやすいページもあったほうがいい。見ると、「心の多面体」という分枝のページがあって、イラストや詩や簡単な小説、あるいはエッセイなどもある。しかし、これらのページは、私の白日夢や悪夢の数々に根ざしたもの。確かに私は、黒い月の上に生えている樹の人。しかし、私は眠りに落ちていないと気づいている。だから、私は、クールペッパーの心で、できるかぎり確かなものとして、奇妙なメモリーチップから漂ってくる思考の雲に関しての、確かなできごとを記そうとする。これは論文ではなく、できるだけ穏やかで冷静な視点のくしゃみを呼ぶ、ある種のペッパーだ。でも、私は無色の自由なページがほしいのであり、おそらく、クールペッパーとは、無意味や無力を意味するのだろう。ああ、それでいいじゃないか。私が何かを書くと、このページに何かの色を付けてゆくことになるが、さまざまな色の光を混ぜれば無色の光になる。しかし、ペンキで混ぜたら、黒い月の基盤になる。光であれペンキであれ、何かを描いて、やがて、私たちの世界の地面へと消えてゆく。すべてよし。これらの思考の雲は、私の無意識にあるという、コズミックハーフからやってくるのだろう。(2008.12.10)

 あっと思って気がついた。単語を調べるとき、cool pepper と思って、cool papper を打ちこんでいたようだ。これでは、未使用なのも当然だ。改めて調べ直してみると、スパイス店と歌のグループ名として使われている。どうしようか。ずうっと遠くの国のことだし、分野も異なるし、迷ってしまう。

ああ、cool pepper ではなくて、cool pepper page にすればよいかもしれない。(2008.12.11)