クールペッパーページ 03「幽霊変換の公開」/黒月樹人
Cool Pepper Page 03 “OPENIMG OF FHANTOM TRANSFORMATIONS”
Kinohito KULOTSUKI

   I had submitted a paper “PHANTOM TRANSFORMATIONS” as English paper to a journal. It was long time ago. But, soon when I sent other paper, I noticed that I had mistaken my E-mail address by a character. So once I sent an E-mail for correcting this, rapidly a decision mail came on what second paper was rejected. Where I had written also an ID number of “PHANTOM TRANSFORMATIONS”, the decision mail did not comment about it. Therefore I thought that this was on assessment. While 2 months passed, if it would be on assessment, then some mail on a question or a correction might come. Perhaps this was also rejected, but an event on correcting about error E-mail address may be received badly. I decided that I would explain past correct mail in detail again and would send it. An answer mail came after half day. It says that the rejection mail had been sent to my error address. Where an editor had written that “it is not the sort of work we publish” and “It appears to be more suitable for a mathematical journal”. Then, I will seek next target for submitting, no, I decided that I will not think so. I seem that the content of “PHANTOM TRANSFORMATIONS” is the maximum fruit on my study now. I became to think what I would make it be open in my home page to be read by the people wanting to know this mystery was more wonderful than what I would take my time to be conceded by some journal. Well I see, this is English paper 2 months ago, so there are many errors on English grammar here and there. I corrected these (maybe not perfectly), and made it be open in my home page [1]. There is Japanese page of it [2]. Now, I have nothing to be secret. Anything does not disturb next development on these studies. I feel that my decision may make something good happen. Oh I want to hope so. (2008.12.11)

「幽霊変換」という論文を、英語の論文として、ある雑誌に投稿していた。かなり前のことになる。しかし、引き続いて、別の論文を送ったとき、私のE-mailアドレスを、一文字だけ打ち間違えていたことに気づいた。そこで、このことを訂正するE-mailを送ったところ、二つ目の論文が没になったという知らせが、すぐにやってきた。このとき、「幽霊変換」のIDナンバーも書いておいたのだが、そのことには、まったく触れていなかった。だから、こちらは審査中なのかもしれないと思った。しかし、2ヶ月にもなるのだから、審査中としたら、何か質問や訂正の知らせが来てもおかしくない。おそらく、これも没なのだが、メールアドレスの訂正の件が、うまく伝わっていないのだろう。私は、前回の訂正メール文を詳しく説明しなおして、送ることにした。返信メールは、半日後にやってきた。没の決定メールは、誤ったままの、私のE-mailアドレスへと送られたままになっていたというのである。そこには、その雑誌にふさわしい内容ではないので出版することはできないが、数学の雑誌に投稿するとよい、と書いてあった。それでは、とばかりに、次の投稿先を探すようなことは、もう、考えないことにした。この「幽霊変換」という論文の内容は、私の研究における、現時点での、最大の成果のように思える。これを、どこかの雑誌に認めてもらうために、さらなる時間をかけるより、このホームページで公開して、この謎について知りたいと思う人々に読んでもらったほうが、はるかに素晴らしいことだと考えるようになった。なるほど、2ヶ月前の英文だと、あちらこちらに文法のミスがある。これを校正して、私のホームページで公開した[1]。日本語でのページもある[2]。さあ、これで隠しておくことは無くなった。これらの研究についての、これからの展開を妨げるものは、何もない。きっと、このほうが、何か、好ましいことが起こってゆく気がする。いや、そうなってほしい。(2008.12.11)

 参照資料

[1] Kinohito Kulotsuki, PHANTOM TRANSFORMATIONS, treeman9621.com

http://www.treeman9621.com/PHANTOM_TANSFORMATIONS.html

http://www.treeman9621.com/PDF_PHANTOM_TANSFORMATIONS.pdf

[2] 黒月樹人, 幽霊変換(PHANTOM TRANSFORMATIONS), treeman9621.com

http://www.treeman9621.com/PHANTOM_TRANSFORMATIONS_Japanese.html

http://www.treeman9621.com/PDF_PHANTOM_TRANSFORMATIONS_Japanese.pdf