クールペッパーページ06「文献調査」/黒月樹人
Cool Pepper Page 06 “Document Research”/Kinohito KULOTSUKI

反重力の研究について触れている早坂秀雄の本に、論文調の章があって、その末尾に数ページにわたる参照文献のリストがある。英文やロシア語の文献もあるが、中には日本語のものも含まれている。いずれも古いものはかりだった。しかし、図書館の書庫にはあるかもしれない。人名として「清家新一」を入力して探しだすと、3冊が見つかった。他に調べた図書とともに借り出して、目を通すことにした。すると、現在取り組んでいる問題についてのヒントとなる知識が幾つか見つかった。これらについて、ここに整理しておこう。

 There is a thesis style chapter in a book of Hideo Hayasaka who touches about a study of anti-gravity, and there is a reference list over several pages in the end. There are English and Russian documents, and also Japanese, which are all old. But they may be in a library. When "Shinichi Seike" was input as a name, I found 3 books. I will borrow with checked other books to look through. Then I saw knowledge as hints about the problem now, so I will make them be in order here about these.

 一つ目の知識は、地球で計測されている真空での光速度の値が、地球だけの値であり、他の空間では、まったく異なる値であるかもしれないという清家新一のアイディアである。清家は、e2.7182とπ=3.1415の間にある「超越数」として、2πlog32.9978という値があり、これが光速度c2.9979×108 [m/s]と、ほとんど同じであることに着目して議論を進めてゆく。このとき、2πlog3log3の底はeではなく10である。つまり、常用対数のlog103である。そして、このときの3は、太陽系における地球の番号であり、火星の場合は4になって、2πlog1043.7829から、3.7829×108 [m/s]が火星での光速度になるという。これは容易に観測できないので、真偽の判断はできそうもないが、一つの仮説として覚えておくべきだと思う。

 First knowledge is an idea by Sinichi Seike which the value of light velocity in vacuum measured in Earth is a value only on Earth and it may be just different value in other space. Seike makes an argument progress by seeing that there is a value 2πlog32.9978 as ”a transcendental number” between e2.7182 and π=3.1415, this is almost same as light velocity c2.9979×108 [m/s]. Where a base of a logarithm on log3 of 2πlog3 is not e but 10. Namely it is log103 as common logarithm. And where, he insists that 3 is a number of Earth in the Sun system, so in the case of Mars it must be 4, then owing to 2πlog1043.7829, therefore, 3.7829×108 [m/s] may be light velocity in Mars. Because we cannot easily observe this value, we may not judge whether it is right or not, but I think that we should remember this as a hypothesis.

 二つ目以降の知識は、清家がウラニデスと呼んでいる存在からのメッセージによるもので、アインシュタインの特殊相対性理論や一般相対性理論についてのコメントとして、具体的な異論の数々が述べられている

 The knowledge after second are the messages from a being as URANIDES called by Seike, in which there are several concrete different arguments as the comments about Special Relativity and General Relativity by Einstein.

二つ目として、地球とエーテルの関係で、地球を卵の黄身のようなものとしたら、地球のエーテルは卵の白身のようなもので、黄身である地球と一体になって、公転し自転しているということが説明されている。しかも、地球の、このエーテルは、地球の個体表面から40万キロメートルも広がっており、月の軌道を含んでいるのだという。だから、マイケルソンの実験で光の経路差が生じなかったのは、走るバスの中で、ハエが後ろの窓から運転席の前まで行く時間と、折り返して後ろの窓まで戻る時間が同じになるのと、まったく変わらないと説明している。私は、この地球のエーテルを、地球の大気圏程度か、広くてもバン・アレン帯あたりまでの、地球の磁場の影響が強く及ぶところまでくらいだろうと予測していたのだが、月の軌道を含んでいるとは驚いた。すると、地球人は、宇宙に出て、月まで行ったというが、地球のエーテルの外までは出ていないということになる。

As second, it is explained that in the relation between Earth and the ether if we let Earth be something like a yolk of an egg then the ether of Earth is something like a white of the egg and revolves and rotates with Earth as being a yolk. And it is said that this ether spreads large as 400,000km from solid surface of Earth and includes the orbit of Moon. Therefore, it is explained what a difference path was not existed in the Michelson experiment perfectly means as what a fly moves at same times whether from back window to front of a driver seat or from front to back in the air of running bus. I have predicted that the ether of Earth may spread large around the atmosphere or around the Van Allen belt where Earth magnet field affects strongly, but I was astonished by that it includes the orbit of Moon. Then it is said that the earthling had gone to outer space and had gone on Moon, but it may be true that the earthling had not gone out the ether of Earth

 三つ目の知識は、エディントンが観測したという、アインシュタインの一般相対性理論の検証実験としての、太陽の近くを通る光が曲げられるという現象について、次のように述べられているということがあげられる。「光の曲進は、太陽質量の作用に基づくものではない。太陽の近くの磁心により起こるものである。」これも驚きだ。そうだとしたら、アインシュタインの一般相対性理論は何の役にもたっていないことになる。たまたま、よく似た結果の予測をしているだけで、本質的には、的外れなのだ。

  Third knowledge is what is said as follows about a phenomenon, observed by Edington, which a path of light passing near Sun is bent as a testing experiment for Einstein General Relativity. “A path of light is bent not by an action of a mass of Sun but a magnetic field near Sun.” This is also surprising. If it would be true, then Einstein General Relativity should have any effect. Accidentally it merely predicts a result same as a result by real mechanics, but it is out of target essentially.

 さらに、四つ目として、次のようなコメントがある。「原始の宇宙は何ものに対しても相対的ではなく、形を有しない。それは曲がってもいなければ、直線でもない。無次元であり、単に空間であって、すべての方向に無限である。」これは、かなり抽象的な記述であるが、アインシュタインの特殊相対性理論だけでなく一般相対性理論までが、まったく無意味なものであることを暗示している。宇宙というものを、地球の私たちは、地球のエーテルの外へまで出たこともないのに、勝手に判断して、空想のイメージを作りあげているということになる。本当の宇宙は、私たちが空想のように思い描いているものに近くて、私たちが確かだと考えている理論のほうが、まったくの幻なのかもしれないという可能性を、もう一度しっかりと思い起こす必要がありそうだ。

 And as forth, there is a comment as follows. “Original universe is not relative for anything, and has not any form. It is not bent and is not straight. It is none dimension, and mere space, is infinity for any direct.” This is very abstract description, however, suggests that both Special Relativity and General Relativity by Einstein are indeed nonsense. It means that we on Earth, had not gone out the ether of Earth, judge the universe by own way, so we created imaginary image as the universe. We need think just clearly that an image of real universe is near what we imagine as fantasy and a theory which we think as being sure may be perfect illusion.

さらにウラニデスたちは、宇宙における距離というものを、私たちの距離という概念でとらえていないようだという記述もある。私たちはいったい、どこにいるのだろうか。私たちが見ている宇宙というものも、地球のエーテルの中に描き出された、単なるホログラムのようなものなのだろうか。これらの知識をすぐに信じて、「夢」から覚め、「本当の」世界へと移れるほど、私たちの心は強いものではない。いったい、ここは何という世界なのか。そして、私たちは何なのか。もう一度、この問いへと戻る必要がありそうだ。(2008.12.15)

And there is a description that the URANIDES may do not see a distance in the universe as a concept of our distance. Where are we? Is the universe which we see something like a hologram merely? As we instantly believe such knowledge, as we awake from “a dream” and can shift “real” world, our heart are not strong. Indeed what about world is there? And what are we? We need come back to these questions again. (2008.12.16)