Cool Pepper Page 33 “The Enterprize UFO comes from Composition Images”
クールペッパーページ33「エンタープライズ号UFOは合成画像」/黒月樹人
By Tree man (on) BLACK MOON (Kinohito KULOTSUKI)

クールペッパーページ33「エンタープライズ号UFOは合成画像」

 初歩的な合成画像の科学的な判定法を確立したので、これを、ウェブ上に出現しているUFO画像の検証に適用しよう。今回は、エンタープライズ号の形をしたUFOが日本の空に出現している画像について解析する。図1は、その原画像に、解析領域とコードを記したものである。これらの解析領域について、マジカルフィルターで調べたものと、「画紋」のグラフを、それぞれ示す。


1 原画像に解析領域とコードを描いたもの



2 領域Aのマジカルフィルター解析と「画紋グラフ」



3 領域Bのマジカルフィルター解析と「画紋グラフ」


4 領域Cのマジカルフィルター解析と「画紋グラフ」



5 領域Dのマジカルフィルター解析と「画紋グラフ」



6 領域Eのマジカルフィルター解析と「画紋グラフ」



7 領域Fのマジカルフィルター解析と「画紋グラフ」



8 領域Gのマジカルフィルター解析と「画紋グラフ」

 図2と図3のデータを比較するだけで、このエンタープライズ号型UFOが合成画像によるものだということが直ちに分かる。しかも、どちらかというと、背景の空のほうが、より、つくりものっぽい。このような、狭い領域に集中した「画紋」のパターンは、赤外線画像などに、よく見られる。これによく似たパターンの画像は、建物の暗い部分である、領域Fのものである。領域Eの光体には7の文字が浮かんでいる。この画像で、少し気になるのは、領域Dと領域Gに何が映っているかである。領域Dには何らかの球体が見える。領域Gも、自然な雲には見えない。領域Bの画像は明らかに合成したものであるが、背景の空と、DGの物体との関係が、よく分からない。(2009.02.12)