CPP84 “What Appear over North Pole Area of Saturn
By Tree Man (on) Black Moon (Kinohito KULOTSUKI, @KAI)
CPP84「土星の北極領域に現われるもの」/黒月樹人
CPP84「土星の北極領域に現われるもの」

 土星系で探査を続けているロボット宇宙探査機カッシーニが不思議な画像を送ってきている。図1は、それらの一つであるが、土星の北極には六角形のパターンが存在するのである。今回は、このことについて述べるのではなく、このときの画像を調べていて不思議なものを見つけたので、それを紹介しよう。

 オーロラの下にある、土星の大気の「雲」と信じられている、赤いものの構造を見ると、とても、それは「雲」とは思えないもので、立体的な陰影を見る限りでは、巨大な風船状の、地球のサンゴや樹木によく似たパターンで、生物的に、はびこるもののように見える。これがどのようなものかということも、ひとつの謎であるが、このことも、ここでは問わないことにして、これらの赤い風船樹木のようなものの上に漂う、ほんらいの「雲」のようなものが、ユニークな形をしていることを示そう。ただし、これらが「雲」であるのかどうかは、よく分からない

(2009.05.25 Written by Kinohito KULOTSUKI)

参照資料

[1] NASA, PIA11396 http://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA11396