CPP142 宇宙から見た星も変化の兆しを表わしている
CPP142 Star Signs of Transformations seen at Outer Space
黒月樹人(Kinohito KULOTSUKI), http://www.treeman9621.com/
CPP142 宇宙から見た星も変化の兆しを表わしている
CPP142 Star Signs of Transformations seen at Outer Space

On CPP141, I showed that the stars observed with a digital camera from the ground transform rapidly and violently. However, on the pictures in this case, the following two points are considered as problems.
@ “Shake hands on taking a picture with a digital camera might have been affected.
A “Fluctuation of Earth atmosphere might have been affected.

  I took the pictures with a digital camera in hand as classic pose which I looked through the viewfinder, on the pictures by the natural light mode before by infrared mode, in CPP141. Since I might take the pictures by infrared mode, I had taken the pictures with the camera fixed by the support using the vase-shaped object on the railing of the bridge. There are not very long shaped image on the pictures taken by such way. However, these images might not be seen as a sphere. Well I have a question whether simple movement by the shake hands might make such complex transformations happen or not. And, the pattern as like the dark matters or the space matters have perfectly sharp image behind the stars. I have an idea that I would take a picture of the star with a tripod once again on the case of question @.

  The theory has been insisted since long past which theory is that the star twinkles by a fluctuation of an atmosphere on the Earth. There surely may be the fluctuation of the atmosphere on the Earth. But what is such kind should have large change on the scale. The pictures obtained in CPP141 have violent change in detail. In particular, this is clear owing to the research on Light Core pictures. We might think what the stars were not seen as perfect circle because the fluctuation of the atmosphere on the Earth would affect, until now. Where, the images of the stars were what would shine as fuzzy like as out of focus. The way to research the border of what shines might not exist. And, what called as Light Core mode to research the strongest light might not been thought until now.

There is a way to make sure this thing, which way is what we compare CPP141 images to the images taken like as same way on high mountain where it is few thickness of the air layer. If so, or better yet, we would research the star images by Hubble Space Telescope in out of Earth atmosphere, then we might find the thing like as clue. On this page, I will explain what are clear by this way.  

 

 CPP141で、私は、地表からデジタルカメラで観測した星が、激しく変化していることを示しました。しかし、このときの画像においては、次の2点が、問題として考えられます。

 @ デジタルカメラを持って撮影するときの、「手ぶれ」が影響しているのではないか。

 A 地球大気の「ゆらぎ」が影響しているのではないか。

 CPP141の画像において、赤外線で撮影する前の、自然光モードでの画像は、デジタルカメラを手にもって、ファインダーを目で覗くという、古典的なポーズで撮影しました。赤外線撮影のあたりから、橋の欄干にある壺の形のオブジェを支えにして、カメラが動かないようにして撮影しました。こうして撮影した画像では、飛びぬけて長い姿のものは見られなくなっています。しかし、球体と見なすことができるような画像ではありません。また、「手ぶれ」による単調な動きによって、これほど複雑な変化を生み出せるのかとの疑問が生じます。また、星の背後にあるダークマターかスペースマターのようなもののパターンは、まったく流れていません。このような、@の問題については、あらためて、三脚を使って撮影して調べてみようと考えています。

 星がまばたくように見えるのは、地球大気の「ゆらぎ」によるという説が、古くから唱えられています。地球大気の「ゆらぎ」というものは、確かにあるのでしょう。しかし、このようなものも、やはり、変化のスケールは大きなもののはずです。CPP141で得られた画像では、細部が激しく変化しています。とくに、光核画像を調べると、このことが分かります。星の形が真円に見えないことを、これまでは、地球大気の「ゆらぎ」のせいにしていたかもしれません。そのとき、星の画像は、ピンボケ気味にボーと光るものでした。光るものの境界線を調べる方法は無かったかもしれません。また、最も強い光を調べる、光核モードというものも、これまで着目されたことは無かったようです。

このことを確かめる方法の一つとして、空気層の厚みが少なくなる高山で、同じように撮影したものと比較するというものがあります。それなら、いっそのこと、地球大気の外側にある、ハッブル宇宙天文台による星の写真を調べれば、何か、手掛かりのようなことが分かるかもしれません。このページでは、この方法によって分かったことを説明します。

1と図2 は、ハッブル宇宙天文台による星間画像[1]において、赤く光る星と、青く光る星とを、それぞれ指定したものです。配列の数字は、記号から画像の中へと数えます。

3 は、A1の赤い星を、ゴブリンアイ装備クッキリンoz907で解析したものです。図4は、 図3A1画像を、ホーン解析プログラムhorn24で、さらに解析したものです。

Figure 1 and Figure 2 are what we designate the stars shining red and the stars shining blue respectively on interstellar space image by Hubble Space Telescope [1]. Sequence numbers are to count from the code symbol as A[4] and so on to where in the picture. Figure 3 is what we analyze red star A1 by oz907 as Goblin Eye. Figure 4 is what we analyze A1 image in Figure 3 more by horn24 as Horn Analysis Program.

 

3で一度ゴブリンアイ処理を行っていますが、図4では、より専門的なゴブリンアイ機能を備えたhorn24によって、「色のにじみ」を取り去り、光る星のボーダーラインを鮮やかに描いています。

We did the Goblin Eye process in Figure 3, and in Figure 4, we make what the color run disappear by horn24 with more specialized Goblin Eye function, so we get new image where the borderline of the star is clearly sharp.  

 

この赤いA1星の形は三角形です。円や球ではありません。また、赤く輝く炎のようなものは、この星から続いて出ているのではなく、この星を離れて取り囲んでいます。これらは、はたして「炎」なのでしょうか。そして、この赤い星の中核にあるものは、なんと、オパールのように輝く、青いものです。巨大な青いオパールのような、石ころのようにも見えます。はたして、それは、石のようなものなのでしょうか。少なくともガスの塊ではなさそうです。もしガスの塊だったら、丸くなっているはずですから。

The shape of this red A1 star is a triangle. Not a circle or a sphere. Well what shine red like as flame does not come from the star but is apart and surround. Are those things flame, indeed? And, what exists in the center core of this red star, oh, what is blue as shining as an opal. We can see it as a stone like as big blue opal. Really it might be like as a stone? It might not be a mass of gas at least. If it would be gas, then it should be round.

5と図6I4も、赤い「炎」のようなものをもった、青緑色の縁のある星の解析画像です。このような形の星のモデルとして、回転楕円体が考えられているようですが、このI4の形は、それでは説明することができません。このI4の中心核となっているものの配色パターンは、後に示す、青く光る星の、一つの色パターンに、よく似ています。中心にある星の核と、外延部で輝いている「炎」のようなものは、まったく独立したものなのかもしれません。もちろん、これらを一体化して考えるものだと見なす視点もあります。何が正しくて、何が間違っているかを判断できるほど、まだ、情報は集まっていないようです。さらに多くのケースを観察する必要があります。

I4 in Figure 5 and Figure 6 also are the analyzed images of the star with blue-green rim against like as red flame. As a model of stars like this, there is a spheroid model, but this one cannot explain the form of I4. The color pattern of what forms center core of I4 resembles a color pattern of shining blue star showed after. Center core of the star and what shines as flame in outer part may be independent perfectly. Of course, there is a point of view to consider that those are in one set. It seems that enough information is not gathered to judge whether what is right or what is wrong. We need observe more cases. 

7と図8に映っているJ2の星は、今まさに、動こうとしているように見えます。まるで、地球に存在する、何らかの微生物の一つが、首か触手のようなものを伸ばそうとしているところのようにも見えます。図1A1J1が、CCDカメラによる光の漏れによる十字パターンを描いていることから、この画像は、ある程度の時間をかけて撮影されているものだと分かります。それでも、この時間において、継続的に変化使用している星があれば、その形が、図7と図8のように記録される可能性があります。このような変化の徴を見せている星の画像は、他にもあります。

 J2 star pictured in Figure 7 and in Figure 8 seems to try moving now. It seems like as one of some bacteria existing on the Earth tries to stretch its head or its tentacle. Since A1 and J1 in ure 1 draw cross patterns as light leakage by CCD camera, so we can know that this picture was taken during some time. Although, if there were a star moving continuously during this time, then there were a possibility that the shape of the movement would record as Figure 7 and Figure 8. There are other samples of the star images showing the sigh of the transformation such as. 

青く光る星を指定した図2について調べて、これらの青い星には、2パターンが存在することに気がつきました。一つ目のパターンは、図9と図10にあるものです。図10のモードで判断すると分かりやすいのですが、中心に、卵のように丸い中核があって、それを、青い座布団のようなものが覆っているというものです。まるで、青色の巣に鎮座している卵のようです。この卵のような星の中核は、水色をしていて、背後の青い「巣」もしくは「炎」のようなものとは、別のものであることが分かります。

When I researched about Figure 2 indicating blue shining star, I noticed that there are two patterns in those blue stars. One of the patterns is what exists in Figure 9 and Figure 10. It is easy to understand when we judge by the mode in Figure 10, the pattern is the case that there is round center core like as an egg covered by something like blue cushion. It seems that an egg sits in blue nest. This star center core like as an egg looks water color, so we can see that it differs from something like as back blue nest or flame.

青い星における、もう一つのパターンが、図11と図12に示したものです。図12を、上の図10と見比べてください。青い座布団のようなものが、図12では、見られません。中核のようなものは、より強く輝いており、縁が黄緑色かがった水色になっています。この様な色パターンは、赤い星での中核とも共通しています。中心にあるものの温度によって、星の光の色が決まってくるという、これまでの考えは成立しないことが分かります。中心にあるものは、ほぼ同じ色をしているのにもかかわらず、外に取り巻く「炎」のようなものは、はっきり「赤色」と「青色」に分かれているのです。

Another pattern in blue stars is what is showed in Figure 11 and Figure 12. Please compare Figure 12 to above Figure 10. Something like blue cushion is not seen in Figure 12. Something as center core shines more strongly than in Figure 10, and has water color with yellow- greenish rim. Such color pattern is same as center core in red star. We can understand that the idea until now is not right which the temperature of the being in the center determines the color of the star. Although center beings of red star and blue star have almost same color, outer beings like as flame around them divide clearly into red and blue.

青い星たちも、いつも静かにしているわけではなさそうです。変化しつつあるように見えるものが、いくつも存在します。「卵」のような中核星から、「幼生」のような中核星が現れたかのように見えるものがあります。図13と図14を見てください。中核としての水色のものは、まったく丸くおさまっていようとはしていません。まるで、アメーバかナメクジのような形になっています。他にも、「卵」から首を出しているようなイメージなど、変化の様子を表わした画像は、たくさんあります。星は、原則的に、このように、奇妙な形をしたものなのです。

It seems that the blue stars not always have to be quiet. It is many what appears to be changing. There seems that center core star like as a larva appears from center core like as an egg. Please look Figure 13 and Figure 14. What has water color as center core do not stay round merely. It has a shape like as an amoeba or a slug. There are many other images showing the situation of transformation such as what makes its head appear from the egg. The stars generally have odd shapes such as.

15と図16は、青い星における、二つ目の色パターンのもので、不思議な形を現わしているものです。まるで、この色パターンは、鳥のように見えます。もちろん偶然なのでしょうが、頭部と尾部が形作られたように見えるのです。このあと、この星が、どのように変化してゆくのか、とても興味がわきます。宇宙の画像を調べていると、そんなものはありえないというスケールで、虫や動物のようなパターンが現れることがあります。星雲状であり、何百光年の先にあるので、とてつもない大きさのものです。太陽系が、すっぽり、何十何百も入るサイズの、虫や鳥や獣のような形のものがあるわけです。まるで、この宇宙が、あらゆるサイズの生命に満たされているかのようです。

Figure 15 and Figure 16 are what are second color pattern in blue stars and appear strange shapes. This color pattern seems like as a bird. Of course, it may occur accidentally, it seems that a head and a tail are shaped. I have strong interest how this star will go on to transform. When I research the cosmos images, it may happen that the patterns like as a worm or an animal with the scale as they never occur. They have nebula condition and stay as far as several light years, so they are violently huge. What have a shape like as a worm, a bird, or a beast with large size in where there are many sun systems exists. It is like as this cosmos is full of the life of every size.

1と図2で指定した星は、これだけではありません。しかし、あまりに多くのデータなので、今回は、ささやかなトピックスだけを説明しました。これらの星の「光核」を調べれば、さらに不思議なことが分かるかもしれません。残念ながら、NASAの画像は、公開されているものを利用しているだけです。もし、このような画像を撮影する計画に参加できるのであれば、継続的に撮影した画像を調べることを提案したいものです。

The stars indicated in Figure 1 and Figure 2 do not equal above only. But there are so many data, now, I explain only few topics. If I would research the Light Core of those stars, then even stranger topic might appear. Unfortunately, on the images of NASA, I use only what are open. If I would add the planning to photo such images, then I would want to suggest that we should examine the images taken continuously.

CPP141で試したことが正しければ、星は、わずかな時間に、激しく変身しているのです。今回のNASAによる画像は、ある長さの時間にわたる平均画像です。これでもかまいませんから、数秒おきとか、数時間おき、数日おきなどの、同じ星を写した画像があれば、さらに多くの謎の答えが分かるかもしれません。

If what I tested in CPP141 were right, the stars should transform quickly and violently. The image by NASA in this page is an average image during some length of time. Although such image is not enough, if we would use the image about same star per some seconds, per some hours, or per some days, then the answers about more mysteries should be clear.

 

もし、可能であれば、日本の天文台のどこかで、私の、このアイディアを実行してもらえませんか。おそらく、そんなに立派な望遠鏡でなくとも、私の移動式鏡であるハンディカムよりは、ずっと多くの情報を得られるはずです。

If possible, please some Astronomical Observatory would run my idea. Maybe, not so good telescope, any one could get much information than what my moving mirror (lens) as HANDYCAM could get.

これまでの天文学に不足していたものは、巨額の費用をかけて設置する、大きなサイズのレンズや鏡を使った望遠鏡ではなく、得られた画像を調べるための、新しいノウハウだったのです。これまでに撮影された、星のピンボケ画像のなかにも、まだ取り出していない情報が、幾らでも眠っています。宇宙には、まだまだ謎が潜んでいます。私たちが知っていると思っていた宇宙像は間違っています。私たちは、優れた機器を持っていますが、それによって、ほとんど何も見ていなかったのです。

The lack in astronomy until now was not a telescope with large lens or mirror for huge cost but new know-how. Much unknown information sleeps in the star image as out of focus taken until now. Many mysteries hide in the cosmos. The cosmos image seemed as what we know is wrong. Although we have the best equipments, we had seen almost anything by them.  

 

(2009.09.16 Written by Kinohito KULOTSUKI )

参照資料

[1] http://www.nasa.gov/mission_pages/hubble/multimedia/ero/index.html