CPP191 火星と水星には巨大な貝類がいるのだろうか?
CPP191 Is There Giant Shellfish on Mars & Mercury?
黒月解析研究所 (KULOTSUKI ANALYSIS INSTITUTION)
 黒月樹人 (Kinohito KULOTSUKI) http://www.treeman9621.com/

 火星の周回軌道上に高性能のカメラを掲載した探査機が送られています。探査機の名称ではなく、この探査機を使って行われているミッション名の「高精度イメージング科学実験(HiRISE)」[1] のほうで、よく知られています。その実験は現在も継続中で、火星の地表についての高精度の画像が撮影され公表されています。それらの中に図1があります[2]。これは2008年に撮影されました。

 図1のクレーターのサイズについてのコメントが、Universe Todayというサイト[3] にありました。それによると、ほぼ200mの径です。これは火星の極冠の端に存在しているようです。

 他にも図2のような画像があります。これも2008年に撮影されたものです。

 図2の奇妙な地形は、火星の北極平原(the north polar plains of Mars)にあるHeimdallクレーターです[4]。幅10kmほどの大きさです。画像の左下に、探査機Phoenixがパラシュートを開いて、このクレーター上に降下してゆくところの拡大画像が組み込まれています。

 図1と図2は、いずれも火星にある「奇妙なクレーター」です。これらの画像はHiRISEという高精度画像なので、黒月解析研究所で開発した画像解析プログラムの「ゴブリンアイ解析」の機能を使う必要がありません。また、「コンター解析」や「色加味解析」の機能を使って調べてみましたが、これといった注目点を見出すことはできませんでした。ただ、これらの「奇妙なクレーター」の形状は不思議です。地球の月や、木星や土星の衛星にあるクレーターの、丸くて縁が盛り上がったものとは、まったく異なっています。惑星や衛星の表面にあって、ひとまとまりになっている地形を、なんでもかんでも「クレーター」と呼ぶのは止めて、何か別の用語を生み出したほうがよいのではないでしょうか。

 図1と図2の地形に共通点があります。@地表から突起している。A表面がなだらかになっている。B周囲との境界線をもっている。Cサイズは極端に異なっているが、地球に存在する貝類の形によく似ている。

 実は、水星の表面にも、これらの@〜Cの特徴をもっている地形が存在しているのです。

 図3NASAのメッセンジャー(MESSENGER)探査機が2008年に撮影した水星です。この画像の中央右端に、周囲に比べて暗い領域があります。図4は、メッセンジャー探査機が水星に近づいて撮影した画像です。中央右端に、暗い領域をもつクレーターがあります。図3の画像から、太陽は右のほうにあります。そこで、図4を反時計回りに90度回転させ、この「暗い領域をもつクレーター」を切り取って、黒月解析研究所で開発した画像解析ブログラムのゴブリンキメラgochに取り込みました。図5です。この「暗い領域をもつクレーター」の近く(赤枠のところ)に、「貝のような突起」が見られます。次の図6は、この赤枠部分のデジタル画像 を拡大し、見やすくするためにゴブリンアイ処理を施したものです。「暗い領域をもつクレーター」の直径は180kmということです。ここから「貝のような突起」の横幅を計算すると27kmほどとなります。すると、高さは10kmほどあるようです。何という大きさなのでしょうか。しかも、これは、地球の山のように、なだらかな裾野をもっているのではなく、まるでヘルメツトのように、「つば」のようなものがあるかのように見えています。

 図1の「火星の奇妙なカキ(牡蠣)状クレーター」は200mほどです。これがもし生命体だとしても、異常な大きさです。図2 Heimdallクレーターの幅は10kmほどです。図6の「貝のような突起」の横幅は27kmと見積もれます。サイズはいろいろですが、貝に似ており、丸みがあって、表面が滑らかで、周囲に境界をもっています。なぜなのでしょうか? 

(2010.06.25 Written by Kinohito KULOTSUKI )

参照資料
[1] 高精度イメージング科学実験(HiRISE
HiRISE High Resolution Imaging Science Experiment

http://hirise.lpl.arizona.edu/

[2] 火星の奇妙なカキ(牡蠣)状クレーター

http://www.iknowfoobar.co.uk/wp-content/uploads/2008/10/hirise-oyster-crater-mars1.jpg

[3] Universe Today

http://www.universetoday.com/2008/10/21/the-martian-ice-filled-oyster-shell-shaped-crater-hirise-images/

[4] 探査機Phoenixの降下

http://apod.nasa.gov/apod/image/0805/phoenixchute_hirise_cut.jpg

[5] 水星 http://photojournal.jpl.nasa.gov/jpeg/PIA11245.jpg

NASAMESSENGERによって撮影された。

[6] http://photojournal.jpl.nasa.gov/jpeg/PIA11357.jpg

NASAMESSENGERが水星に近づいて撮影した、クレーターに取り囲まれている、異常に暗い材質の部分。このクレーターの直径は180km