ゴブリンライス(開発中)色紋解析基礎研究(1)曇り日の地球景色
CPP205 Iromon Basic Study of GOBLIN RICE (1) Cloudy Scenery on Earth

黒月樹人(KULOTSUKI Kinohito, as treeman9621)@ 9621 ANALYSIS

「心の多面体」のページへ戻る

 ゴブリンライス(開発中)色紋解析基礎研究

 ゴブリンライス(開発中)の一つの機能として、色紋解析がある。
 これは、画像に含まれる「色そのもの」を、ピクセルごとに拾いあげ、解析するものである。
 ゴブリンクォーク4にある「画紋解析」は、「色の3成分」について調べるものであるが、このように色の成分を分解して調べるのではなく、「色そのもの」を調べることによって、これまでは、まったく見ることのできなかった、画像の「抽象的な側面」を「見る」ことができるようになった。
 画紋解析を使うと、画像の加工履歴が明らかになる。
 色紋解析でも、同じように、加工履歴の証拠を見出すことができるが、それだけではなく、画像の対象を照らしていた光の種類を特定できるということが分かってきた。
 光源として、私たちが進化の過程でもっともなじんでいるのが、太陽光である。これに対して、ここ最近(エジソンが電球を発明した1879年以降)、人工的な照明が、新たな光源として使われるようになった。
 「太陽光」と「人工的な照明」の違いを理解すると、アポロ月面探査画像が、「太陽光」のもとではなく、「人工的な照明」のもとで撮影されたことが分かる。
 アポロ月面探査画像の光源は、直射日光のものとは思えないほど、弱いものだった。
 月には、地球のような雲はないらしいから、アポロ月面探査画像の光源について、地球における「曇りの日の太陽光」を想定する必要はないだろうが、とりあえず、次のことを調べておくべきだろう。
 「晴れの日の太陽光」と「曇りの日の太陽光」では、色紋解析で、どのように違うのだろうか。

 「晴れの日の地球景色」の色紋解析

 タイトルがすこしおおげさになってしまったかもしれない。月面の風景のことを調べる必要がなければ、単なる「晴れの日の景色」だけでよかっただろう。
 図1 晴れの日の地球景色 (1) カラフルな建設機器と空
 図2 晴れの日の地球景色 (2) 法起寺
 図3 晴れの日の地球景色 (3) 小屋の板壁
 このような3例を取りあげた。図1は人工的なペンキの色で塗られているはずの、建設機器が写っているもの。図2は、典型的な樹木と建造物を写した風景。自然な樹木の「緑」が強く影響しているもの。図3は、古い土壁のある農作業小屋らしき建造物の、ある一面にあった「板壁」であり、乾いた木の板の木目模様と、隙間の暗部で構成されているもの。色の多彩さがもっとも少ない。シンプルな色構成であり、太陽光の影響を調べやすいものとなっている。








 「曇り日の地球景色」の色紋解析

 雨があがったものの、空一面に雲がかかっている夕暮れまえの、自然な風景写真を何枚か記録した。デジタルカメラに収められているJPEG画像をコンピュータに取り込み、ペイントソフトでBMP画像に変換したのち、ゴブリンライス(開発中)で色紋解析した。その結果の画像は、ウェブで公開するため、再びJPEG画像となっているので、色がやや変色しているが、BMP画像における色値を「色値表」で知ることができる。
 「曇り日の地球景色」の色紋解析を、次に列挙する。
 図4 画像5449 愛宕山
 図5 画像5450 テレビ中継塔のある山
 図6 画像5451 愛宕山と住宅
 図7 画像5452 つやのある瓦屋根
 図8 画像5453 赤いコメリマークのある風景
 図9 画像5454 望遠モードでのテレビ中継塔のある山
 図10 画像5455 山の上の水道施設(望遠モード)
 図11 画像5456 山麓の木々(望遠モード)
 図12 画像5457 植林中の山肌(望遠モード)
 図13 画像5458 黒い瓦屋根
 図14 画像5459 瓦屋根を背景とした松の木
 図15 画像5460 白い壁のある建物
 図16 画像5461 花のある庭
 図17 画像5462 車と建物(左下のターコイズブルー)
 図18 画像5463 屋根に立つテレビアンテナ














































 <コメント

 ここで何か結論じみたことを記すのは避けよう。
 本日たまたま雨上がりの曇り日だったので撮影した風景を、もっと晴れた日に撮影して、それらについての色紋解析をおこなってみれば、曇りの日と晴れの日の違いが、もっと具体的に明らかになるだろう。
 本日の解析は、このように、中途半端ではあるが、ここでストップしておく。

 (Written by KULOTSUKI Kinohito, as treeman9621, June 12, 2012)

 広告

 

「心の多面体」のページへ戻る