ゴブリンライス(開発中)の「色紋」解析の能力 (1) 光源 図 7 食堂の蛍光灯
( 画像をクリック → 次のページへ進む )

 これも、肉眼で見ると、もっと白かったような気がします。こんなに青い光だったのですね。青色というより、水色です。水色は Green と Blue がほぼ対等にあって、Red が小さな値のときに現れる色です。
 「(存在)色紋グラフ(Exist)」のプロットパターンが、図1〜図5に示した太陽光でのものと、非常に異なっています。どのグラフにおいても、色のプロット分布が、非常に偏っていて、特異的なものとなっています。

もとのページへもどる