ChMd164 ビリー・マイヤーのUFO画像は偽物です(14)
UFO Images of Billy Meier are Fake(14)

黒月樹人(KULOTSUKI Kinohito)

ブランチページへもどる

 はじめに

 ビリー・マイヤーの本 [B] の巻頭カラー口絵集の3ページ目に写真No.66 [m66]があります。


図1 ビリー・マイヤーの写真No.66(画像A)

 この画像についての説明文は次のようなものです。  「フックスビュール・ホフハルデン/バルム/ヴェッツィコンにて約14mの樅の大木のまわりをデモ飛行するセミヤーゼのビームシップ *写真No.66/撮影ビリー 1975年7月9日15時11分」
 この画像については「ChMd153 ビリー・マイヤーのUFO画像は偽物です(3)」で一度解析してありますが、その「まとめ」のところで私は次のようにコメントしています。
 「図2を見て気づいたのですが、この樅の木の枝が、大木のものではなく、若木のスケールとなっています。大木だというのなら、こんなに細かな枝分かれが見えてはこないはずです。こんなところにも、偽物の証拠は潜んでいました。30年前でも、しっかり疑って調べれば、偽物画像だと分かったかもしれません。」
 今回の解析では、このことをテーマとして行います。

 比較対象としての樅の大木の画像

 比較対象として、日本の樅の大木の画像 [M] を探しました。一本だけ孤立していて、それなりに大木として認められているものとして、図2のようなものがありました。高さについては記述がありませんでしたが、「幹回り4m」とありますから、かなりの大木のようです。


図2 日本の樅の大木(画像B)

 樅の木の先端部の比較

 画像Aと画像Bの、それぞれの樅の木の先端部を拡大して比較します。
 さらに、樅の大木ではなく、平凡な大きさの樅の木の先端部をウェブで探しましたので、これを(c)として加えておきます。


図3 樅の木の先端部の比較

 樅の木について調べましたが、この木の葉は山の中で見たことがあると気づきました。制作を急がないのであれば、ちょっと近所の山に入って撮影してくることができそうです。
 図3の(a)と(b)や(c)とを見比べると、(a)画像Aの樅の枝の形状は、(b)の大木のものではなく、(c)のような、普通の大きさのものに似ています。手の指を伸ばしたようなパターンが、枝の先端の形状ですが、(a)画像Aの樅の枝のあちらこちらに、このようなものが見られます。
 このような比較により、「約14mの樅の大木のまわりをデモ飛行するセミヤーゼのビームシップ」というのは嘘で、このときの樅の木は、枝の形状や幹の太さなどから、もっと若い木です。

 ビリー・マイヤーの写真No.66についての解析


図4 ビリー・マイヤーの写真No.66の拡大(画像B)


図5 画像BのテキスタイルNslash解析(振幅8)


図6 画像BのハローRook解析(振幅8)

 これらの解析結果から分かるように、このときのUFOと樅の木はセットになっていて、背景画像に対して異質なものとなっています。
 樅の木の、背景との境界だけが黒くなっていることに加え、樅の木の本体部分の、図4では暗くなっているところの情報がまったくありません。これは、樅の木の画像が、背景の画像とは独立に、何らかの加工履歴を持っているということを示しています。
 背景は遠景なので、これでよいだろうと思われたのでしょうが、明らかに、UFOと樅の木は、別の画像として構成されたのちに合成されたものです。

 まとめ

 ビリー・マイヤーの写真No.66に写っている樅の木は、大木のものではなく、若木に近いものでした。ですから、この木に寄り添っているUFOのサイズも小さなものと考えられ、おそらく、人や宇宙人が乗ることができない大きさの模型であると考えられます。
 (Written by KLOTSUKI Kinohito, July 18, 2015)

 参照資料

[B] 「宇宙の深遠より 地球外知的生命 プレアデスとのコンタクト」(<ビリー>E.A.マイヤー=著、フィグ・ヤーパン=監訳、(株)徳間書店、2001)
[m66] https://en.wikipedia.org/wiki/Billy_Meier
[M] http://kaneyama-museum.jp/environment/162
 山の神神社境内のモミの大木(荒屋)
 やまのかみじんじゃけいだいのもみのたいぼく(あらや)
 この山の神は、男姿の御神体である金山郷の山の神と女姿の御神体である上台郷の山の神を結婚させて一社に安置し、現在は荒屋地区一同を氏子とする氏神となっている。境内には仙台の青葉城の樅の木に匹敵するような幹回り4mにも及ぶ樅の大木があり、昔から荒屋の人々の営みを見つめ続けている。
 所在地 〒999-5402 山形県最上郡金山町金山荒屋
[Y] http://www.rokkosan-shizen.jp/sub247.html
 モミの樹頂  2002/11/17
  神戸市北区 イヤガ谷東尾根(標高300m)

 

ブランチページへもどる