ChMd43 月の岩窟寺院 / 月世界のほんとうの色は?(9)
Moon Cave Temple / Real Color on Moon Surface (9)

黒月樹人(KULOTSUKI Kinohito)

ゴブリンクォーク4 [0] 入手から、準備・解凍・ライセンスキー・起動まで

PDF ChMd43 月の岩窟寺院 / 月世界のほんとうの色は?(9)

ブランチページへもどる

 Windowsの「フォトギラリー」で

 JAXA かぐや探査機の月面画像の色を再現して、Windowsの「フォトギャラリー」で観察した。拡大できるし、位置の変更は、マウスで画面をドラッグするだけだ。かんたんに観察できる。ただし、拡大のとき、「なめらか補間処理」を行っていないので、やがて、デジタルゆえの、ピクセルモザイク画像になってゆく。この状態で、月世界のものとしては、少し複雑すぎるのではないかと思われる、不思議な地形を見つけた(図1)。


(画像をクリック → 拡大原画像へ進む)


 黒月解析研究所の「ゴブリンクォーク2」で

 図1の地形は、次の図2の中にあった。これには「ハイビジョンカメラがとらえた月面 ライマン(低高度) 1」というタイトルがつけられていた[1]。おそらく、このクレーターの名称が「ライマン」なのだろう。「低高度」とあるのは、「かぐや」探査機の月面からの高度が11kmで、そこからの撮影だそうだ。もともとの観測画像は、色が弱い状態であったので、図2はCX500として、およそ5倍の色の強さにしてある。
 このライマンクレーターの内壁の、正面から、やや、向かって左に、図1の地形がある。図1ではモザイク状であり、細部の様子が分かりにくい。そこで、黒月解析研究所の「ゴブリンクォーク2」をつかって、「拡大なめらか補間」し、適度にゴブリンアイ処理を加え、「拡大なめらか補間」にともなう色の「かすみ」を取り除いたものが図3〜図5である。


(画像をクリック → 拡大原画像へ進む)




(画像をクリック → 拡大原画像へ進む)




(画像をクリック → 拡大原画像へ進む)




(画像をクリック → 拡大原画像へ進む)


 図4と見比べると、図5に拡大した、この地形の複雑さが、周囲の地形とは、まったく異なっていることが分かる。
 水平面としての「テラス」が見える。横に細長い方形の構造。さらには、そこにあいている穴の数々は、ランダムなものではなく、並んでいるように見える。
 これは、地球のシルクロードあたりにある、岩窟寺院によく似ている。
 このような地形が、はたして、何らかの自然な、地質学上の変化で生じるのか、どうか、私には判断できない。岩石の節理と風化を想定して、こんなに整然としたものができるのだろうか。しかも、今のところ、月には、風化の原動力となる、雨風をもたらす、濃い大気も、たっぷりの水分も「ない」と見なされているのだ。
 (Written by Kinohito KULOTSUKI, Nov 17, 2011)

 参照資料

[1] 「ハイビジョンカメラがとらえた月面 ライマン(低高度) 1」

 広告


ケンコー スカイエクスプローラー Sky Explorer SE2 赤道儀 天体望遠鏡に最新のコンピューターシステム(SynScan)を搭載、13 436個もの天体を記憶※赤道儀単体★

ビクセン 天体望遠鏡 AXD[ATLUX DELUX] 赤道儀 36911-9 VIXEN [赤道儀のみ]

ケンコー・トキナー 145525 ケンコー 天体望遠鏡 赤道儀 スカイメモR 天体写真撮影用

ビクセン GP2赤道儀 天体望遠鏡 3990-00

Vixen(ビクセン) アクロマート屈折式天体望遠鏡 GP2赤道儀シリーズ 「 STAR BOOKセット」 GP2-A80Mf・SBS 39503-3

Vixen(ビクセン) 反射(ニュートン)式天体望遠鏡 GP2赤道儀シリーズ 「 STAR BOOKセット」 GP2-R130Sf・SBS 39593-4

天体望遠鏡SKYWALKER SW-V PCケンコー製赤道儀付・高倍率!! 当店人気商品!!

天体望遠鏡SKYWALKER SW-VI PC赤道儀付・大口径ケンコー製・送料無料!!当店人気商品
ブランチページへもどる