ChMd90 (反重力)渦状パターンはドイツに着陸したUFOだけではない (Antigravity) Swirl Patterns are not only the UFO landed at Germany

黒月樹人(KULOTSUKI Kinohito)

ブランチページへもどる

 はじめに

 ウェブに次のようなYouTube画像があります。[1]
 German UFO Landing Dec 6, 2013
   https://www.youtube.com/watch?v=ggriD1YF6nw
 このドイツに着陸したUFOから出てきたと思われる、宇宙人らしき二体の存在が、やがて機体のほうへと歩いて戻ったあと、UFOは突然垂直に上昇します。そのとき、機体下部の中心あたりで強い光を放ちます。詳しく観察すると、その前から変化は始まっていたのですが、平たく丸く尖っている円盤周縁に垂直なピンボケベルトが現れます。それは、どうやら、円盤を下から見て、右回りに回転していたようで、それが生み出される瞬間の画像も得られています。おそらく、これは(まだ私たちにはよく分かっていないことなのですが)重力の何かを制御するためのものと考えられます。


図1 空中に浮いているUFOの画像(a)とそのΞ(グザイ)解析(b)

 図1は「空中に浮いているUFOの画像(a)とそのΞ(グザイ)解析(b)」ですが、全体的にピンボケぎみに写っているUFOは、左右や上下に運動しているわけではなく、撮影者の手ぶれも生じていないにもかかわらず、このように、ぼんやりとした像となっています。これまでは、UFOが遠すぎるため、はっきり写っていないのだと考えられてきたかもしれませんが、上記ビデオにより、周囲の空間がぼんやりと変化させられているということが分かりました。
 このような、ぼんやりとした部分を、新たに発展してきたウェーブレット画像解析の技法で調べたところ、ただのランダムなピンボケではなく、渦状に何かが変化しているようにも見てとれる、かなり複雑なパターンが存在しているということが明らかになりました。図1の(b)はΞ(グザイ)解析と名づけたものですが、これによると、何かが周縁でくるくると回っているかのように表現されています。
 おそらく、このような、本物のUFOの世界の存在たちは、反重力と私たちが呼ぶ物理現象のことをよく知っていて、地球の重力とは反対の向きに作用する力を生み出して飛行しているものと考えられます。次にすべきことは、このような推論の流れが間違っているのかどうかを、他の事例を調べることによって確認してゆくことです。そこで、ドイツに着陸したUFOだけでなく、他に観察されたUFOについても成立することなのかを調べることにしました。しかし、最近多くウェブでとりあげられるようになったUFO画像では、UFOが大きく、くっきりと写っているものの、そのほとんどは地球人の手による偽物でした。これらは、ある種の「芸術作品」もしくは「娯楽作品」と考えるべきもので、科学的な観察の対象として取り扱えるものはありません。
 そこで、ふと思い出したのは、ufocasebook.com というサイトで取り扱われている写真です。ここでは、できるだけ本物らしいものだけが選ばれています。私は、これらの画像について調べることにしました。

 ufocasebook.com

 ufocasebook.com というサイトにおける、次のURLに、これまで記録されたUFO画像の中で、本物らしいものが選ばれて、画像にかんたんなコメントを添えて紹介されています。
 http://www.ufocasebook.com/bestufopictures.html
 これらの画像からいくつかを選んで解析した結果を次に示すことにします。

 [7] 2002 - Oahu, Hawai

 ハワイのオアフで2002年
 http://www.ufocasebook.com/oahumain.jpg



図2 2002 - Oahu, Hawai [7] (画像をクリック→元の画像へ)

 図2からUFOを中心として64倍率(x64)の図3をつくり、これについてD15解析を行ったものが図4です。かすかな画像を64倍という高倍率で拡大なめらか補間したので、かなり情報量が減っていますが、図3の、一見ぼんやりとした影のようなものには、図4のような、赤と緑に区分けされる、平たい楕円のような構造の上に、赤い画素単位のグラデーションで囲まれた、まるでパトカーのパトライトのような構造があることが分かります。また、下部の円盤周縁らしきものに対応するピンボケベルトの一部が、円盤下部で開いているようなパターンとなっています。このようなパターンは、まだ詳しく提示していませんが、ドイツに着陸したUFOが空に戻ったあとの解析結果とよく似ています。


図3 [7]x64


図4 D15解析 [7]x64_onAntGryII(D15)32(64)

 [8] nashville-tennessee4

 Unknown Object Captured on Photographs in Nashville, Tennessee - 04-12-14
 ナッシュビル(テネシー)で写真にとらえられる未知の物−04-12-14
 http://www.ufocasebook.com/2014/ufo-captured-on-photograph-nashville-tennessee4.jpg


図5  nashville-tennessee4 [8] (画像をクリック→元の画像へ)


図6 [8]x4

 テネシー州のナッシュビル上空に現れたクチビル形の、ピンク色のUFOについてグザイ解析を行った図7では、周縁のピンボケベルトのような構造は確認できません。わずか4倍の拡大ですんでいるわけですから、もう少し何らかの構造が現れてもよいはすですが、そうはなっていません。
 しかし、これが偽物画像だと判定するほどの、確かな証拠のようなものも見つかりません。


図7 グザイ解析 [8]x4_onAntGryII(Ξ)64(64)

 [9] niagara-falls-ufo

 Photographer Snaps Picture of Unknown Object Near Niagara Falls - 06-11-13
 ナイアガラの滝の近くの未知の物のカメラマン・スナップ画像−06-11-13
 http://www.ufocasebook.com/2014/niagara-falls-ufo-photograph.jpg


図8 niagara-falls-ufo [9] (画像をクリック→元の画像へ)


図9 [9]x8

 図9では何か構造がありそうに写っていますが、図10のグザイ解析では、あまりはっきりとした構造は現れていません。
 しかし、これが偽物画像であるという証拠も見つかりません。
 撮影された画像の情報が少ないのかもしれませんし、解析技術がまだじゅうぶんなものではないのかもしれません。


図10 グザイ解析 [9]x8_onAntGryII(Ξ)64(64)

 [10] chile3

 The government office investigating UFOs in Chile has released an analysis of two high quality photos showing what appear be genuine unidentified flying objects above a remote copper mine.
 チリでUFOを調査している官庁が、2つの高品質写真の分析をリリースしました。それらは、遠くの銅鉱山上空に現れた未確認飛行物体で、本物と見なせるものです。
 http://www.ufocasebook.com/2014/chile3.jpg


図11 chile3 [10] (画像をクリック→元の画像へ)


図12 [10]x32


図13 グザイ解析 [10]x32_onAntGryII(Ξ)64(64)

 図12から分かるように、このUFOは白く光っており、周縁部がややピンボケになっています。図13のグザイ解析によれば、中心部分にUFOの本体に由来すると思わる、やや緻密なパターンがあって、その周囲に、まるで卵の殻のように、外部との境界を区切るかのような、密度の大きなところがあります。そして、そこからすぐに背景の空が始まるのではなく、線密度の大きな領域につつまれています。
 図11から×64の図14を構成して、何種類かの、ウェーブレット解析を行いました。


図14 [10]x64


図15 HM解析 [10]x64_onAntGryI(HM)64(64)


図16 NИ解析 [10]x64_onAntGryI(NИ)64(64)


図17 IL解析 [10]x64_onAntGryII(IL)64(64)

 まるで皮でつつまれたレモンのような構造があらわれてきました。ここまでは高周波ウェーブレット関数による解析です。ただの空間であるはずなのに、まるで殻か皮のような、パターンに関する、外側の高密度領域があります。


図18 C11解析 [10]x64_onAntGryII(C11)64(64)

 図18はC11解析と名づけたものですが、かなり低周波数ウェーブレット画像解析となります。ここでは、中央あたりが赤いパターンで彩られ、周辺空間の様子とは異なることが示されています。


図19 dO解析 [10]x64_onAntGryII(dO)64(64)

 dO解析で用いるウェーブレット関数の性質により、明るい領域について、より詳しい情報が得られます


図20 J15解析 [10]x64_onAntGryII(J15)64(64)

 J15解析は低周波数ウェーブレット関数となります。中央あたりの様子が、より詳しくとらえられています。しかし、具体的な形のようなものは見えてこないようです。
 次の図21はchile3 [10]画像(図11)のキャロット解析というものです。キャロット解析というのは、フルーツ解析と呼んでいる、画像の色の配置を再構成するものの一つです。全体の色情報を失うことなく再配置するものです。これを見ると、「Objeto a Analizar →」(ポルトガル語のようです。おそらく「分析の対象」という意味でしょう)の下あたりの空に、汚れの染みのようなものがたくさんあります。指でつけた指紋ということでもなさそうです。


図21 chile3 [10]画像のキャロット解析 [10]carrot


図22 もっとも暗い染みの一つの拡大(画像C)

 図22は、図21でのObjeto文字のtoの真下あたりにある、もっとも暗い染みの一つの拡大(画像C)です。そして、次の図23は、これについてのグザイ解析です。ここにも、渦状パターンのようなものが浮き出ています。
 情報量はかなり少ないものですので、明るく光るUFOほど確かなものとは言えませんが、これらの染み領域のところに、ひょっとすると、UFOが隠れているかもしれません。


図23 画像Cのグザイ解析 [10]carrotx8(1)_onAntGryII(Ξ)196(135)

 まとめ

 ドイツに着陸したUFOが空に戻って静止しているときの画像は、ぼんやりとしてピントが合っていないかのような、暗い染みのように見えるものでした。しかし、これをウェーブレット周波数解析で調べると、UFO機体回りの空間が何か変えられていて、渦状パターンをもっているということが分かりました。
 このような渦状パターンの意味を考えたとき、(今は亡き)早坂秀雄氏による「宇宙船建造プロジェクト」という本の中にある、反重力による推進メカニズムのことが思い起こされます。早坂秀雄氏は、上から見て右回りに高速回転するジャイロが回転数の増加に見合って軽くなるという実験を行って、それを論文にまとめた人です。「宇宙船建造プロジェクト」という本では、このような発見の応用として、もっと強い反重力を生み出すための技術的な問題点などが語られてゆきます。このことに深入りしてゆくと、かなり難しくなって私の力量を越えてしまいますので、画像解析のところへもどることにします。
 さて、上記のような渦状パターンがUFOの飛行原理に関連するものとすれば、おそらく、まったく異なる他のUFOでも観察されるはずだと考えられます。なぜかというと、空中に浮くためのメカニズムというものに、それほど多様な方法が存在するとは考えられないからです。
 そこで、まったく異なる他の(もちろん本物の)UFO画像として、ufocasebook.comで紹介されているものを調べることにしました。これらの中で、chile3 [10] と名づけた画像に現れている白く光るUFOは、かなり複雑な渦状パターンを潜めていました。
 他にも、まだ解析途中のものが幾つもありますが、最初に見つけた「ドイツに着陸したUFO」のほかに、これとはまったく独立して観測された、少なくとも一つの渦状パターンの解析例があるということから、どうやら、地球に飛来している(本物の)UFO(未確認飛行物体)は、空を飛んでいるとき、機体の周縁の空間に何か作用をほどこして、ピンボケに見えるようにしているが、それをウェーブレット画像解析してみると、複雑な渦状パターンが観測できるということを示すことができたようです。
 これらの共通点から、まったく独立に撮影された、「ドイツに着陸したUFO」と「チリの銅鉱山上空に現れた未確認飛行物体」とは、いずれも本物だと見なすことができます。そして、空中で強く光るものや、暗く陰るものが、本物のUFOなのかどうかをはっきりさせたいとき、このような画像をウェーブレット解析して、飛行原理につながるような渦状パターンが見出されるかどうかということで、判定条件の一つを加えることができます。
 おそらく、現在私が開発している、画像に関するウェーブレット解析の技術は、これまでに試みられていないもののようです。そもそもウェーブレット解析というものは、ほんの十数年まえから発達しはじめたもので、数学的な発展は進みましたが、工学的な発展のプロセスは、まだ始まったばかりです。少し調べてみると、日本の土木会社で、コンクリートの亀裂を調べるために、シンプルな方法を適用しているということが分かりました。残念ながら、私はもう、そのような業界におりませんが、そのような応用は、いくらでも行えそうです。
 もし地球防衛軍のようなものがあったとしたら、私の技術は、きっと役にたつに違いありません。
 (Written by KLOTSUKI Kinohito, Dec 25, 2014)

 参照資料

[1] German UFO Landing Dec 6, 2013
https://www.youtube.com/watch?v=ggriD1YF6nw
[2] ufocasebook.comのベストUFO画像ページ
http://www.ufocasebook.com/bestufopictures.html
[7] 2002 - Oahu, Hawaii.
 2002−オアフ、ハワイ。
http://www.ufocasebook.com/oahumain.jpg
------以下2014
[8] Unknown Object Captured on Photographs in Nashville, Tennessee - 04-12-14
 ナッシュビル(テネシー)で写真にとらえられる未知の物−04-12-14
http://www.ufocasebook.com/2014/ufo-captured-on-photograph-nashville-tennessee4.jpg
[9] Photographer Snaps Picture of Unknown Object Near Niagara Falls - 06-11-13
 ナイアガラの滝の近くの未知の物のカメラマン・スナップ画像−06-11-13
http://www.ufocasebook.com/2014/niagara-falls-ufo-photograph.jpg
[10] The government office investigating UFOs in Chile has released an analysis of two high quality photos showing what appear be genuine unidentified flying objects above a remote copper mine.
 チリでUFOを調査している官庁は、現れることが遠い銅山より上の本物の未確認飛行物体であることを示している2つの高品質写真の分析をリリースしました。
http://www.ufocasebook.com/2014/chile3.jpg

ブランチページへもどる