ChMd92 異なるエルサレムの光球ビデオは同じものを撮影していない
Different Jerusalem photosphere videos do not film the same thing

黒月樹人(KULOTSUKI Kinohito)

ブランチページへもどる

 はじめに

 私がウェーブレット画像解析のソフトを組み上げようと意図するきっかけとなったのは、某テレビ番組でUFO写真やUFOビデオの真偽が取りあげられていたのを見て、「確かな証拠のようなものが示されていない」と感じたからでした。
 この番組で、「ドイツに着陸したUFO」については「かなり幼稚なテクニックによる合成画像である」とされ、否定的な判断でした。しかし、ウェーブレット画像解析の技術を発展させつつ、これについて詳しく調べてみると、本物としか考えられない強い証拠が見つかってきました。
 もうひとつ、この番組のまとめとして、「エルサレムの光球」については、異なる方向から撮影された4種類ものビデオがあり、これらをすべて創作するのは困難なこととして、(本物であることの)肯定的な表現がなされていました。
 私がウェーブレット画像解析のソフトを組み上げ始めて、ほぼ一カ月がたちますが、ここにおさめられた手法はいろいろな展開をみせ、その解析結果として本物のUFO画像は一見ピンポケに見える機体周縁に(おそらく反重力に関する)渦状パターンを潜めているということを示すことができるようになりました。
 さて、このような技術のもとで、あらためて「エルサレムの光球」について調べてみると、4種類もの異なるビデオは確認できていませんが、少なくとも2種類のビデオについて、それらは同じものを撮影していないということが分かりました。どちらも同じ現象について撮影されていると言うのなら、どちらかが(あるいは両方が)偽物ということになりそうです。

 2種類の「エルサレムの光球」ビデオ

 「エルサレムの光球」ビデオとして、次のV1, V2が見つかりました。
 V1) https://www.youtube.com/watch?v=TpWpqOqssXE
 コメント) 2014/02/06 に公開 / この映像は、2011年1月28日にイスラエルの聖地、エルサレムで撮影されたものです。[V1]
 V2) https://www.youtube.com/watch?v=EsOgapHSVV4
 コメント) 2011/02/08 にアップロード / エルサレム神殿の上空の突然現れた謎の発光体を捉えた衝撃の映像です!UFOか何かは-謎ですが、まるで神殿の上空に神様が舞い降りた奇跡のようにも感じます。[V2]

 V1とV2は同じものを撮影していない

 V1とV2はどちらもエルサレム神殿の上空に現れて、しばらく浮かんでいますが、さいごは急スピードで上昇して消えてしまいます。
 この間に、V2では強い閃光を放って、下界のエルサレム神殿近辺が明るく照らされるのですが、V1では、このシーンがありません。


図1 V1とV2の閃光

 さいごの急スピードで上昇するシーンでのふるまいも違っています。V2では縦にすばやく動くものが記録されていますが、V1では、明るい2つの離散的な光球の前後に、暗い2つずつの光球のイメージが並べられているのです。2つの光球が記録されるというのも理解しがたいことですが、まだ進んでいない前方に、2つの暗いイメージが存在するというのは、論理的に不可解な現象です。


図2 V1とV2の上昇シーン

 これらのことから、少なくとも、V1は偽物だと考えられます。

 V2の光球についてのウェーブレット画像解析

V2の光球についてウェーブレット画像解析した結果を次に示します。


図3 画像[11]


図4 画像[11](16) ※(16)は16倍に部分拡大した画像の意


図5 画像[11](16)のfグザイ解析 [11](16)_onAntGryI(fgzai)16(64) ※周辺の黒い枠は元の画像で解析できない周辺が白くなっているからです

 光っている中心部分が四角くホワイトアウトとなっていますが、このまわりには、広い領域にわたって、渦状パターンのような形状が生じています。このことは、これがただ物理的に光を放っているだけのものではないということを示しています。


図6 画像[12]


図7 画像[12](8) ※(8)は8倍に部分拡大した画像の意


図8 画像[12](8)のfグザイ解析 [12](8)_onAntGryI(fgzai)16(64)

 もっとも明るい閃光のときの解析画像ですが、中心部分のホワイトアウトの形状がかなり複雑なものとなっています。左下や中央下部のところは、地表の光源の影響と考えられます。やはり、周辺に渦状パターンのようなものが見られますが、あまり整然としたものとして観測されてはいません。明るく輝き過ぎて情報量が減ってしまっているようです。


図9 画像[13]


図10 画像[13](16)


図11 画像[13](16)のfグザイ解析  [13](16)_onAntGryI(fgzai)16(64)

 これは強い閃光を放った直後のものです。
 図11のfグザイ解析を見ると、広く丸く広がった「雲」のような渦状パターンの背後に、アーモンド形のUFOがかすかに見えています。
 やっとUFOが姿を現わしてくれました。このような解析により、このときの光体が、いわゆる円盤形のUFO(未確認飛行物体)であるということが示されました。
 これは「感動もの」の解析結果でした。詳しいアルゴリズムは述べられませんが、苦心してこのようなfグザイ解析を生み出した甲斐がありました。他にもいろいろな解析法を組み上げましたが、このような、UFOの形状を示すことができたものはありません。
 ウェーブレット画像解析といっても、これまでに分かっているものは、ほとんど役にたたないもので、この分野における理論的な研究は進んでいるものの、いわゆる工学的な研究は、ほとんど何も進んでいないものと考えられます。


図12 画像[14]


図13 画像[14] (8)


図14 画像[14](8)のfグザイ解析 [14](8)_onAntGryI(fgzai)16(64)

 やや暗い先行部分というのは、このUFOが周囲の空間に及ぼしている渦状パターンによるもので、本体の偽物や影のようなものが進む前方にあるということではありません。UFOがもっているぼんやりとした領域ということになりますから、前方や後方に広がっていてもおかしくはないわけです。


図15 画像[15]


図16 画像[15](8)


図17 画像[15](8)のfグザイ解析 [15](8)_onAntGryI(fgzai)16(64)

 図16ではほとんど暗くて何もないように見えている最下部のところにも、UFOが生み出していると見なせる渦状パターンがはっきりと現れています。

 まとめ

 「エルサレムの光球」ビデオとしての上記V1, V2について調べました。
 V1は明らかに偽物でした。ウェブでは、こちらのほうが有名です。これについては、Guyshar9999さんが「残念ながらエルサレムのこのUFOは捏造です」とコメントされています。[Guyshar9999]
 「この動画(V1)は某UFO団体が宣伝に使い会員獲得に利用しました」ともありますが、これはなぜなのでしょうか。V2のような、(私が明らかにしたように)本物のUFOが撮影されているビデオが存在するのに、どうして、わざわざ偽物のV1をつくる必要があったのでしょうか。V2は著作権などの問題があって使えないということだったのでしょうか。V1ではなくV2を使えば、何の問題もなかったのですが、V1を使ったとなると、何らかの経済的な支出をともなうなら、詐欺とされても言い逃れできません。とはいっても 今回私がV2について解析するまで、V1もV2も、真偽のレベルとしてあまり違ったものとは見なされないものでしたから、たいして違いはなく、人が何を信じるかということのプロセスについて評価することはできなかったのかもしれません。
 V1の画像についてもウエーブレレット画像解析をやってみましたが、これには渦状パターンの「雲のようなもの」は現れませんでした。図2(a)で明らかなように、偽物画像というものはこのようなものというだけのことです。図11のような、UFOの形状のようなものも見えず、中心部分は完全に「空っぽ」でした。図4と図5の比較で分かるように、白く光っている領域でも、中心にあるものが「本物」なら、解析画像にも、その影響が何か現れるということが、今回の解析によって分かりました。
 V1を利用された某UFO団体にコメントしておきます。ここに私が明らかにしたV2の解析画像を、新たな会員獲得のために利用しないでください。これらの解析画像の著作権は私どもにあります。
 また、UFO団体に参加されている人々には、Guyshar9999さんのコメントや、私の解析結果などを考慮して、「常識に捉われずよく吟味すること」を強くお勧めします。
 (Written by KLOTSUKI Kinohito, Dec 30, 2014)

 参照資料

[V1] https://www.youtube.com/watch?v=TpWpqOqssXE
 コメント) 2014/02/06 に公開 / この映像は、2011年1月28日にイスラエルの聖地、エルサレムで撮影されたものです。
[V2] https://www.youtube.com/watch?v=EsOgapHSVV4
 コメント) 2011/02/08 にアップロード / エルサレム神殿の上空の突然現れた謎の発光体を捉えた衝撃の映像です!UFOか何かは-謎ですが、まるで神殿の上空に神様が舞い降りた奇跡のようにも感じます。
[Guyshar9999] https://www.youtube.com/user/Guyshar9999
 残念ながらエルサレムのこのUFOは捏造です。これは幾つかバージョンが存在し修正し直してはYouTubeに投稿された画像です。初期は背景が写真だったり、ベランダで撮影されたバージョンは動画合成の張り合わせで継ぎ目が見えていて酷いものでした。そのうちかなり修正されたものになったのですが、ドームから瞬時に飛び立つ時に光の光源がない事を指摘されました。私はこれまでのエルサレムのUFO動画をたくさん解析しました。ロングバージョンの鮮明な撮影者が車で登場するバージョンが一番見栄えが良かったのです。街中の明かりや走行する車のライトなども動きがあるものでした。しかし、解析すると走っている車さえもCGだったのです。拡大するといびつで車ではありませんでした。この動画は某UFO団体が宣伝に使い会員獲得に利用しました。
 この動画の背景は写真バージョンで誤魔化す為にカメラアングルを必要以上に動かします。それと、この動画では以前の写真バージョンにUFOの飛び立つ時の光の光源を加えたものです。しかし、コマを削っているので普通に動画の一時停止で飛び立って消えるまでの画像を捉えるのは無理です。しかし、光速を越えたイメージにしたいのか静止画像では光より先に光源のない機体が幾つか上昇しているように見せかける手法を使ってますがバカですね。以前の初期のバージョンでは画像停止で解析できたのです。ハッキリいってこの動画シリーズは悪質です。それでも某UFO団体の日本支部の人は信じ込んで疑いもしませんね。この世の中、話半分のスタンスで何でも鵜呑みにすると危険です。ただ常識は作られるものなので、常識に捉われずよく吟味することが肝要です。

ブランチページへもどる