地震波形の研究ブランチページ
Branch Page of Earthquake Wave Study by Kinohito KULOTSUKI

黒月解析研究所のトップページへもどる

◆ 1 もう一度地震波形の研究をしよう
◆ 2 地震波形の解析ソフトを組み立てよう
◆ 3 P波が無いから人工地震というのは誤りです(訂正)
◆ 4 自然な地震でP波とS波の初動を調べよう
◆ 5 ウェーブレット解析で地震波形を観察しよう
◆ 6 ウェーブレット解析で地震波形の何が分かるか(1)
◆ 7 平成30年北海道胆振東部地震の不思議な先行波
◆ 8 北海道胆振東部地震の厚真鹿沼での不思議な先行波
◆ 9 不思議な先行波は他の地震でも見つかるか
◆ 11 いまなぜ地震波形の研究をするのか(追加訂正版)
◆ 12 2018年6月18日の大阪府北部地震で不思議なこと(1)
◆ 13 大阪府北部地震は異常な上下振動から始まった
◆ 14 異常な上下振動から始まる地震波形は他に見つかるか
◆ 15 異常な上下振動から始まる地震波形を探す
◆ 16 謎の先行波と異常な上下振動のP波
◆ 18 地震波形解析ソフトの機能を拡張しました
◆ 19 本日の地震波形解析ソフトの改良点
◆ 20 大阪府北部地震では震源真上で上下に何センチメートル動いたか
◆ 21 地震波形を調べる新しい解析システムのコンパス解析
◆ 22 コンパス解析で大阪府北部地震波形のP波を観察する(1)
◆ 23 コンパス解析で大阪府北部地震波形のP波を観察する(2)
◆ 24 P波の押し引きの変位は断層のところで変わる
◆ 25 地震波形コンパスウェーブレット解析ソフト(eqcw.exe)
◆ 28 謎の先行波をもつ地震がこんなにあるのはおかしい
◆ 29 もうひとつの謎 UDチャンネルのひし形P波には2種類ある
◆ 30 大阪府北部地震は「大きな音」とともに始まった
◆ 31 2016年熊本地震も「大きな音」とともに始まった
◆ 32 P波が無いから人工地震というのは誤り(2)熊本(1)山鹿
◆ 33 P波が無いから人工地震というのは誤り(3)HKD185 支笏湖畔
◆ 34 P波が無いから人工地震というのは誤り(4)KGS013 大隅(訂正)
◆ 35 P波が無いから人工地震というのは誤り(5)KMM006 熊本

◆ 36 K-NETサイトにある6チャンネルの地震波形データの見方(1)
◆ 37 K-NETサイトにある6チャンネルの地震波形データの見方(2)OSKH02此花
◆ 38 P波とS波の振幅比を調べるための解析(1)
◆ 39 P波とS波の振幅比を調べるための解析(2)
◆ 40 P波の振幅比で見る2018大阪府北部地震の特異性
◆ 41 北海道胆振南東部地震波形にはすべてP波があります
2019年1月3日の熊本地震のP波とS波(1)KMM002 山鹿
◆ 43 2019年1月3日の熊本地震の異常性(1)地震波形の表示
◆ 44 2019年1月3日の熊本地震の異常性(2)P波とS波の振幅比
◆ 45 2019年1月26日の熊本地震「山鹿」は爆発型地震波形

◆ 46 2019年1月26日熊本地震の「八女」「宇土」「久留米」に現れている
爆発型地震の証拠


◆ 47 2019年1月26日熊本地震をP波とS波の振幅比で見た異常性