GA18 ストライプ変換解析(マニュアル)
Stripe transformation analysis

黒月樹人(本名 田中 毅)@ 黒月解析研究所

ゴブリンアートマニュアルへ戻る

 ストライプ変換解析のねらい

 ストライプ変換解析では、画像の濃淡値に応じて、色を変換します。
 コンター解析や色加味解析では意図的に設定した色で変換していましたが、ストライプ変換解析では、もとの画像の色を使って変換色を決めています。
 ここで用いる対象画像は、ケンミジンコの体内にあった球体が、水の中に出てきたものです。この対象画像の横幅は67ミクロンで、赤色の球体の直径は20ミクロン、やや小さい黄色の球体の直径は10ミクロンでした。

図1 ゴブリンアートのトップページにおけるストライプ変換解析の入り口
(画像をクリック → 拡大原画像へ)

 ストライプ変換解析のガイドページ

 図1の [ ストライプ変換(ガイド) ] をクリックすると、図2のストライプ変換解析のガイドページへ進みます。

図2 ストライプ変換解析のガイドページ
(画像をクリック → 拡大原画像へ)

 このガイドページのA) 〜 E) のサンプル画像をクリックすると、下に表記されている条件のもとでの、本解析ページ(メインページ)の画像へと進みます。

 ストライプ変換解析のメインページ

 ストライプ変換解析の(メインページにおける)スイッチを、(横に並べて)図3に示します。
 ストライプ変換解析の、ブランチ項目はStepStripe Modeの2つです。
 Stepでは、解析画像におるストライプの幅を指定します。
 Stripe Modeで、ストライプ変換解析の、いろいろなモードを選びます。
 ただし、最初にある [none] では、何も解析しない、もとの画像を示します。


図3 ストライプ変換解析のスイッチ

図4 none (step8)
(画像をクリック → 拡大原画像へ)

図5 zebra (step8)
(画像をクリック → 拡大原画像へ)

図6 carbon (step8)
(画像をクリック → 拡大原画像へ)

図7 emu (step8)
(画像をクリック → 拡大原画像へ)

図8 wine (step8)
(画像をクリック → 拡大原画像へ)

図9 sky(step8)
(画像をクリック → 拡大原画像へ)

図10 marble (step8)
(画像をクリック → 拡大原画像へ)

図11 jam (step8)
(画像をクリック → 拡大原画像へ)

図12 ash (step8)
(画像をクリック → 拡大原画像へ)

図13 pearl (step8)
(画像をクリック → 拡大原画像へ)

 (Written by KLOTSUKI Kinohito, October 27, 2017)

 

ゴブリンアートマニュアルへ戻る