GA25 ライス解析(マニュアル)
Rice Analysis(Manual)

黒月解析研究所 & 西尾美術研究所

ゴブリンアートマニュアルへ戻る

 ライス解析

 ライス解析のもともとの目的は、フルーツ解析で明るく輝きすぎた画像を、少し元に戻して、暗く鈍いものとすることでした。
 しかし、いろいろと工夫してゆくうちに、コントラストが強くなるというフルーツ解析の性質を、ライス解析でも受け継ぐことになってしまいました。

図1 原画像(org)

図2 ライス解析(basic)

 ライス解析の画紋

 ライス解析について言葉で説明するのはむつかしいので、図2の各ライス解析画像についての画紋解析を示します。

図3 原画像(org)についての画紋解析

図4 各ライス解析(basic)についての画紋解析

 ライス解析のスイッチ

 ライス解析(本解析)のスイッチを図5として示します。

図5 ライス解析のスイッチ

 [1] 強弱 色の強さを選びます。[Weak] (弱い), [Str](強い)
 [2] 明暗 明暗を選びます。[Dark](暗い), [Light](明るい)
 [3] 色味 色味を変化させます。[Blue](青), [Grn](緑), [Red](赤), [Yell](黄色), [Sky](空色), [Mazt](藤色), [Natu](自然)
 [4] contrast コントラストを選びます。[+](強い), [++](さらに強い), [-](弱い), [--](さらに弱い)
 [5] 種類 ライス解析の種類を選びます。

 ライス解析のガイドページ

 トップページの [ ライス解析(G) ] をクリックすると、ライス解析のガイドページへと進みます。次の図6は、[ Rc.mix ] のページです。これらのサンプル画像をクリックすると、その画像に応じた条件のもとで本解析へと進みます。

図6 ライス解析のガイドページ(Rc.mix)
(画像をクリック → 拡大画像へ)

 ライス解析のガイドページの下部ページスイッチを図7に示します。

図7 ライス解析のガイドページの下部ページスイッチ

図8 Rc.basic

図9 Rc.weak(色が弱い)

図10 Rc.power(色が強い)

図11 Rc.sharp(コントラストが強い)

図12 Rc.dull(鈍い)

図13 Rc.soot(煤, 色が強く、暗く、コントラストが弱い)

図14 Rc.mix(いろいろな設定のもの)

 (Written by KLOTSUKI Kinohito, November 11, 2017)

 

ゴブリンアートマニュアルへ戻る