GoblinEyes15 能力(15) 猫目(キャッツアイ)解析ページを新設しました

黒月樹人(本名 田中 毅)@ 黒月解析研究所


ゴブリンアイズの使用権を販売します  ゴブリンアイズの注文書

医療画像解析ソフト ゴブリンアイズ 能力・販売・その他 ブランチページへ戻る

 猫目(キャッツアイ)解析ページを新設しました

 色加味解析のページに「キャッツアイ・クイック・スイッチ」を3種類加えましたが、これは、濃淡値の0-255の全幅に色加味解析を加えるのではなく、開始値(changefrom)と終了値(changeto)で制限したある幅(zone)でだけ、色加味解析の配色を分布させ、その前後を黒と白にしてしまうというものでした。
 このときのスイッチは、色加味解析という操作についてコントロールするものですが、ここからヒントを得て、一般のカラーもしくは白黒画像においても、このような制限幅(zone)を設けて、その間で、配色はそのままで、濃淡値を変化させてやれば、どのような画像となるのだろうか、と考えました。
 こうして生まれたのが猫目(キャッツアイ)解析ページです。
 次の図1は、この猫目解析ページの初期状態です。

図1(o) 猫目解析ページの初期状態(SC 0-255)
(画像をクリック → 拡大画面へ)

 [1] タイプの違い

 タイプの違いとして、 Hard(硬)タイプ Soft(軟)タイプを作りました。
  Hard(硬)タイプ では、ゾーンの開始値(changefrom)までの、0-changefrom は完全な黒(濃淡値0)です。明るいほうの、ゾーンの終了値(changeto)から白(濃淡値255)までの、changeto-255は完全な白(濃淡値255)です。
  Soft(軟)タイプでは、このような区間の変化を、おだやかなものとしています。

(a) Hard(硬)タイプ / Constantモード・80-176ゾーン        (b) Soft(軟)タイプ / Constant モード・80-176ゾーン 
図2  Hard(硬)タイプとSoft(軟)タイプ
(画像をクリック → 拡大画面へ)

 [2] モードの違い

 モードの違いとしては、Light, Contrast, Dark の3種類を作りました。
 Light では全体が明るくなり、Dark では全体が暗くなります。
 Contrast では、暗いほうがより暗くなり、明るいほうがより明るくなりますので、コントラストが強くなります。

(o) 猫目解析ページの初期状態(SC 0-255)                (c) Light(明るい)モード/Soft(軟)タイプ・80-176ゾーン

(b) Contrastモード/Soft(軟)タイプ・80-176ゾーン           (d) Dark(暗い)モード/Soft(軟)タイプ・80-176ゾーン
図3 モードのLight, Contrast, Darkの違い
(画像をクリック → 拡大画面へ)

 [3] ゾーンの違い

 ゾーンについては、各種のクイック・スイッチと、自由に設定できる帯スイッチ(左右にあるのはダイアモンドスイッチ)の、2通りの設定方法があります。
 帯スイッチは、その境界値の近くをクリックすることにより、その境界値を変えられるものです。また、左右についているダイアモンドスイッチで、規定値ずつ変化させることができます。
 これらのスイッチは実行スイッチを兼ねています。

(o) 猫目解析ページの初期状態(SC 0-255)                    (e) SC 64-128

(f) SC 96-255                               (g) SC 0-160

(h) SC 90-114                               (i) HC 70-117
図4 ゾーンの違い
(画像をクリック → 拡大画面へ)

 おことわり

 この「猫目」解析ページが装備されているのは、ゴブリンアイズ84のバージョン2.04以降のものだけです。
 普及版のゴブリンアイズ28にはありません。
 (Written by KLOTSUKI Kinohito, January 27, 2017)

 

医療画像解析ソフト ゴブリンアイズ 能力・販売・その他 ブランチページ