操作環境・解析対象画像ファイル・インストールの方法

黒月解析研究所 & 西尾美術研究所

医療画像解析ソフト ゴブリンアイズ 能力・販売・その他 ブランチページへ戻る

 操作環境

 ゴブリンアイズは、WindowsのOSで作動します。
 マックOSでは作動しません。

 解析対象画像ファイル

 ゴブリンアイズが解析できる画像ファイルはビットマップ画像だけです。
 ジェーペグ画像などの、他の形式による画像は、Windowsに装備されている「ペイント」ソフトでビットマップ画像へと変換しておいてください。

図1 「ペイント」ソフトにジェーペグ画像を読み込みます

図2 ファイル → 名前を付けて保存 → BMP 画像

図3 「名前を付けて保存」ダイアログボックス → 保存

 インストールの方法

(1) お送りしたCDをコンピューターのCDホルダーに入れてください。

図4 CDの挿入

(2) このままの状態でも操作することはできますが、データをやり取りするスピードがおそいため、通常はコンピューター本体のCディレクトリ(ローカルディスク(C:)と表現されているかもしれません)などへ(コンピューターによっては本体にDディレクトリが装備されているケースがあります)、CDにあるGoblinEyes24やGoblinEyes84のディレクトリをコピーして使います。
 ディレクトリのコピーの方法は、コピー元のディレクトリ(GoblinEyes24やGoblinEyes84)を右クリックして現われるスイッチ群の中から「コピー」を左クリックで選択し、コピー先のディレクトリの空欄にマウスをもってきて、右クリックして現われる「貼り付け」を左クリックします。

図5 GoblinEyes28 を右クリック → コピー を左クリック

図6 Cディレクトリの空欄で右クリック → 貼り付け を右クリック

 あるいは、このような、コンピューター本体のディレクトリC:と、外部とみなされているCDや外づけハードディスクとのコピーは、マウスをドラッグして行うこともできます。
 コンピューター本体内でのドラッグは、「移動」となってしまいますが、外部ディスクなどとのドラッグだと、「コピー」となって、元のファイルは残ったままになります。

(3) 説明をかんたんに進めるため、ここからは、GoblinEyes24について説明します。GoblinEyes84のときは、ここのところを読みかえてください。
 GoblinEyes24のディレクトリには、次のディレクトリ(□をつけることにします)とファイルが入っています。

図7  GoblinEyes24のディレクトリ

 この□GoblinEyes24をダブルクリックすると、次のファイルが現われます。

図8 goesG.exeとp_w_area_goes

 ここにある goesG.exe をダブルクリックすると、ゴブリンアイズ28が作動します。

 ここまでの手順を簡略化するため、ショートカットを作って、コンピューターのデスクトップの画面に移しておくと便利です。
 その方法ですが、goesG.exe 上で右クリックして現われる「ショートカットの作成」をクリックします。すると、goesG.exe-ショートカット が同じディレクトリ内に現れます。これをドラッグして、デスクトップの画面に落としてください。

図9 goesG.exeのショートカットキー

 p_w_area_goes には、ゴブリンアイズのライセンスキーが書き込んでありますが、メモ帳などに、これを展開してもらうとわかると思いますが、乱数の中にありますので、これからライセンスキーを読み取ることはできないと思います。

図10  p_w_area_goes

 ライセンスキーの値はRead me.txtに記してあります。

図11  Read me.txt

 このp_w_area_goesというファイルは、ゴブリンアイズが起動するとき、かならず、これを開いて、そのライセンスキーを読み込み、ここで走ってもよいということを確認するためのものです。ですから、ゴブリンアイズの実行ファイルgoesG.exe だけを他のディレクトリに移したときは、ライセンスキーの入力を要求してきます。
 ですから、ここで正しいライセンスキーを入力するか、p_w_area_goesというファイルを同じディレクトリに連れてゆくかしないと、ゴブリンアイズは走りません。

(4) ゴブリンアイズが走り出すと、直ちに、解析対象となるビットマップ画像を開くためのダイアログボックス(BMP File Open)が現われますので、それを利用して、目的の画像を指定してください。

図12 ビットマップ画像を開くためのダイアログボックス(BMP File Open)

 何らかの手順のミスで、このようなダイアログボックスが現われないで、ゴブリンアイズの画面が白いまま、というケースが生じることがありますが、このときは、リターンキー(Enterキー)を押してください。BMP File Openが現われるはずです。

図13 リターンキー(Enterキー)を押してください

 もっと複雑な手順のミスがあって、このようにならないときは、ゴブリンアイズの右上にある[×]をクリックして、これを閉じ、あらためて立ち上げてください。このとき、保存ファイルを消してもよいかと聞いてきますが、これらは一時保存のファイルですので、消してもかまいません。

図14 ゴブリンアイズを閉じるときの2つの確認ダイアログボックス

(5) 解析目的のビットマップ画像が読み込まれたら、ゴブリンアイズのトップページが表示されます。ここからの操作については、マニュアルを参照して行ってください。

図15 ゴブリンアイズのトップページ

(6) マニュアルを見るため、□Xrayウェブページを利用するときは、この中に入っているXrayBranch.htmlファイルをダブルクリックしてください。
 これも、右クリックして現われるスイッチから「ショートカットの作成」を選び、できた「XrayBranch.html-ショートカット」をデスクトップへとドラッグして落としておくと便利です。
 Pdfファイル のほうには、このようなブランチページはありません。個々のファイルを開いてください。

図16  XrayBranch.html のショートカットキー

 

医療画像解析ソフト ゴブリンアイズ 能力・販売・その他 ブランチページ