RaN144評価されるホームページのHTML構成法
How to Make Home Page be Good by HTML Codes
黒月樹人(Kinohito KULOTSUKI

黒月樹人のランダムノート2010 ブランチページ(Branch Page)へもどる

 概要
 ホームページを構成しているHTMLコードを直接とりあつかうのではなく、市販ソフトを使っている人のほうが多いことだろう。私もその中の一人である。コンピュータとつきあいだして、プログラムを作り始めたのは30年以上前のことであるが、ウェブの世界に参加しようと、自らのホームページを作ったのは、わずか3年前のことであった。すでに、幾つかの市販ソフトが出回っていたので、それを使った。下原稿をWORDで制作して、このような市販ソフトでHTMLコードへと変換してもらう。ある程度のことは、このような流れでも問題はなかった。しかし、やがて、これらの市販ソフトにも、ある種の限界というものや、不便なところがあることが分かりだした。やはり、HTMLコードで構成されているホームページを自由に取り扱うには、このHTMLコードにもっと近づく必要がある。


 評価されるホームページのHTML構成法(▼)ブランチページ
 このページはブランチページとしたい。このような主旨に沿ったリーフページへと中継するためのもの。次のリストに示すリーフページにおいて、より具体的なテーマを設けて、「評価されるホームページのHTML構成法」についての説明を行う。

1 ホームページのHTMLコードを見たいとき
2 自分のホームページのHTMLコードを自分で書きなおしたいとき
3 検索リストに表示するホームページのタイトルを明確に指定したいとき
4 検索リストのタイトル行の下にある説明文を明確に指定したいとき
5 ワード(WORD)を使って入れた表の罫線を消したいとき
6 HTMLコードの落とし穴/禁断のスパム行為
(以下未定)


(2010.10.19 Written by Kinohito KULOTSUKI [@] KULOTSUKI ANALYSIS INSTITUTION)
黒月樹人のランダムノート2010 ブランチページ(Branch Page)へもどる