ホームページのHTMLコードを見たいとき

黒月樹人(KULOTSUKI Kinohito)

RaN144 評価されるホームページのHTML構成法 へもどる

 概要

 ホームページのHTMLコードとはどのようなものかということを見るための方法を示す。

 これは、ホームページを見るためのブラウザによって異なる。次に、「インターネット エクスプローラー(Internet Explorer)のとき」と「モジラ ファイアーフォックス(Mozilla Firefox)のとき」についての、操作手順を示す。

(T)インターネット エクスプローラー(Internet Explorer)のとき




(U)モジラ ファイアーフォックス(Mozilla Firefox)のとき



 (V)コメント

 このように、インターネットを検索するブラウザの種類によって、HTMLコードの表示へと至るルートはさまざまであるが、HTMLコードのことを「ソース」と呼んでいるか、HTMLの名称を直接使っているので、見当がつくことだろう。

 私は現在ブラウザとしてファイアーフォックスを使っているので、図5のような表示になることは知っていた。ここで説明するためインターネット エクスプローラーでも同じようになると思っていたのだが、メモ帳に展開されてしまうとは意外だった。RaN144(2)以降で、市販のホームページ制作ソフトを使って制作した自分のページを操作するため、これをメモ帳で表示する方法を示すつもりだったのだが、インターネット エクスプローラーの手順の中に、それが組み込まれていたのだ。これまで、他人が制作したホームページについては、自由に取り扱えないものと思い込んでいたのだが、そうではなかったわけである。内容を完璧にコピーして使うというのは、何らかの違反や犯罪につながりそうだが、パターンのみをなぞって、細部の表現内容を変えて用いるというのは、かんたんにできることだし、これは批難されようもない。つまり、ホームページのHTMLコード表現というのは、ある種の異国語と同じであり、文法を習うだけでなく、その構成法についても、どんどん真似ていってもかまわないということなのである。

ただし、HTMLコードについての知識がまだほとんど無い状態で、これらの「ページのソース」を見ても、何が何で、どのようになっているのか、理解しがたいことだろう。私も、そうだった。そこで私は、HTMLの解説書を買ってきて、このようなHTMLによる表示を紙に印刷し、そこに書かれている記号の意味や使い方を調べていった。そして、それらを応用することにした。

ここで語るのは、これくらいにしておこう。この後の展開については、それぞれの目的に沿って、ページのタイトルごとに行ってゆく。


(2010.10.20 Written by Kinohito KULOTSUKI [@] KULOTSUKI ANALYSIS INSTITUTION)
RaN144 評価されるホームページのHTML構成法 へもどる