RaN211 特殊部隊UFOは偽物でした

黒月樹人(KULOTSUKI Kinohito @ 9621 ANALYSIS)

ランダムノート2015ブランチページへもどる

 はじめに

 「特殊部隊UFO」と名づけたUFOビデオ [103] があります。正式なタイトルは「特殊部隊出動!!宇宙人の遺体回収をUFOが阻む!」というものです。なかなかにリアルな映像です。まるでカメの甲らの腹部のようパターンを見せて、谷間の空を背景としてUFOが浮かんでいます。この画像を収録した、UFO画像研究の初期のころは、このUFOが背景に合成された証拠が見つからないことから、これについては「保留」というレッテルをつけておくことにしました。

 解析対象

 解析対象を図1に示します。

図1 解析原画像

 解析結果

 この画像Aについての、いろいろな解析結果を次に示します。

図2 テキスタイルラムダ(lambda)解析

図3 テキスタイルast-oh解析

図4 レリーフeel解析

図5 クリスタルkeel解析

図6 ハロー(&リレーフ)swan解析

図7 ハロー(&リレーフ)duck解析

図8 ハローKing解析

 これまで何度も説明している、図2のテキスタイルラムダ(lambda)解析と、図8のハローKing解析が、文句なく、ここに浮かびあがってきたものが描かれたものであることを証明しています。この画像Aでは、カメの甲らUFOだけでなく、左右の谷の壁面も、左手前の機銃の先端も、すべて描かれたものです。さらに、この画像が本物ではないということは、背景の空に(本物なら必ず浮かびあがってくる)「もやもやパターン」がありません。かすかにある、UFOなどの周囲のバリ模様が合成したことを示していますが、本物の空に合成したのではなく、その色値だけを模した人工の空に合成しています。
 ここではあえて示しませんが、ドイツ着陸UFOやチリ銅山上空UFOのような、数々の解析結果により本物と認定できているUFOの解析画像と見比べることにより、図3から図7のパターンも、偽物UFO画像の「しるし」として使うことができます。かんたんに言うと、このような太くてくっきりとした境界線をもっているもの、太くて一様な、まるで筆で描いたようなラインが交わっているようなもの、明るい周囲のカラ―ハロー(襟状光輝, collar halo)をもつものなどは、まず偽物です。
 (Written by KLOTSUKI Kinohito, May 13, 2015)

 参照資料

[103] 特殊部隊出動!!宇宙人の遺体回収をUFOが阻む! ≪×BC≫
https://www.youtube.com/watch?v=Y3U79nE6uH0
2014/11/30 に公開 山で見つかったエイリアン(宇宙人)の死体を回収するために、現地へ向かう米特殊部隊。だが、向かった先には巨大なUFOが立ちはだかる…

 

ランダムノート2015ブランチページへもどる