RaN231 衛星タイタン湖畔の空に不思議なものがある

黒月樹人(KULOTSUKI Kinohito @ 9621 ANALYSIS)

ランダムノート2016ブランチページへもどる

 はじめに

 2016年1月21日のMSN提供ニュースの中に「太陽系に「第9番惑星」存在か 米チーム発表」というものがありました。さっそく、この記事の中にあるAstronomical JournalとPlanet Nineをキーワードとして検索したところ、次のサイトがトップにきたので、開いて、これにざっと目を通しました。
[P] Caltech researchers find evidence of “Planet Nine” CAA …
 これは、まだ、実際に見つかっているものではなく、そのようなものを仮定してシミュレーションすることにより、太陽系の辺境領域の、これまでに分かっている準惑星などのふるまいを説明できる、というもののようです。実際に見つかって確認されるかどうかは、今後の天文台の仕事となるというもの。
 残念ながら、このニュースに関する画像はすべて想像図や模式図だけで、私が調べてみようと思うようなものはありません。
 そこで、あきらめて、私のサイトのページの中で(10年かそこらのものですが)歴史的に注目度が高かったページの一つを振り返ることにしました。
[A] ChMd57 衛星タイタン湖畔のTIFF画像による再解析(1) 図2 衛星タイタン湖畔の色調整後の画像
[B] 衛星タイタン湖畔のTIFF画像による再解析(1)
(ChMd57)Re-Analysis (1) on Titan Lakeside TIFF Image

 (Written by KULOTSUKI Kinohito, as treeman9621, March 11, 2012)


図1 衛星タイタン湖畔のTIFF画像 code=PIA11001.tif(※)
(※)このTIFF画像は、ここで使ったことにより、JPEG画像となっています。

 この画像は、NASAの次のサイトから取り込むことができます。
[T] PIA11001: Titan's Ethane Lake
Full Res TIFF PIA11001.tif (396.7 kB)
 TIFF画像から(このあと使ってゆく)BMP画像への変換はペイントソフトで行いました。
 すでに、そのようにして保存してあったPIA11001のBMP画像をゴブリンクォーク9に取り込み、2012年のころには無かった機能を適用し、いろいろな解析を試みました。すると、山際の近くの空の様子が、なんだか変なパターンに見えます。

 衛星タイタン湖畔の全景についてのフルーツ解析(Peach)

 衛星タイタン湖畔のTIFF画像をダウンロードして保存し、それをペイントソフトで取り込んでBMP画像へ変換したものが図2です。これをT画像とします。

図2 衛星タイタン湖畔の全景(画像T)
 code=Titan0(PIA11001.bmp)(※)
(※)このBMP画像は、ここで使ったことにより、JPEG画像となっています。

 この画像Tを画紋解析したものが、次の図3です。下段の3つのグラフにより、赤色と緑色と青色の分布が、とても離れています。このような構成になっている理由はよく分かりません。一般に宇宙探査で得られたカラー画像は、太陽光で一気に撮影されたものではなく、赤外線で撮影された情報から赤版をつくり、緑版や青版は、それぞれ違うものから構成され、それらを組み合わせてカラー画像とするといった、特殊な作り方をするそうです。

図3 画像Tの画紋解析

 私たちの目は、地球に降りそそぐ太陽光による配色に慣れています。私たちが見ている自然光での画像では、緑の光を中心として、赤や青の光が、その近くに分布するものとなっています。このような視点で、画像Tの色分布を3色とも0-255の範囲に広げたものをつくり、それによってカラー画像へと再構成すると、図5のようになります。
 このような考え方で構成した解析法がフルーツ解析で、Peach解析は、その中の一つです。

図4 画像TPの画紋解析

図5 Titan0(画像T)のフルーツPeach解析(画像TP) code=Titan0Peach

 図5の画像TPをゴブリンアイ解析し、さらにコントラスト解析したものが、次の図6です。ゴブリンアイ解析では暗モードの1eYという強さで2回、コントラスト解析では明暗モード(w)で32/32の値としました。
 下のほうに見えているのが、エタンだかメタンだかとNASAが主張している液体の湖ですが、この液体をとりまいている突起部分の高さが同じであること、液面の高さのところに2つの口があること、さらに、この堤のようなものが、道路のようになっていること、堤から湖面に降りる階段のようなものがあること、などから、これは自然な湖ではなく、ダム湖であると考えられます。

図6 画像TPのゴブリンアイ解析とコントラスト解析
code=Titan0Peach GE(1eYY) Cpwnc32

 湖面に土星のリングが写っているのですが、空には何もありません。また、湖面には異常に明るい部分が、たくさん写っています。ところが、空のほうには、リングらしき姿は何もありません。
 また、空の明るさの様子が、湖面の像と、まったく異なっています。
 このような謎は、まだ明らかになっていませんが、今回、新たに調整したゴブリンアイ解析と、新たに組み上げたコントラスト解析により、山際近くの空に何かがあるということが分かってきました。とりあえず、このことについて詳しく調べたいと思います。

 衛星タイタン湖畔の空のswan解析

 図5から図6へと進むときの中間段階の画像としてTitan0PeachGE(1eY)をつくり、それを部分的に[2]倍に拡大したものが、次の図7です。記号が複雑になりすぎるのを避けるため、これを新たに画像TQとします。
 そして、この画像TQについて、ウェーブレット解析のレリーフswan解析を行ったものが、その次の図8です。図7で白く輝いていたものの、立体的な姿が現われています。

図7 画像TPのゴブリアィ解析GE(1eY)の[2]倍(画像TQ)
code=Titan0PeachGE(1eY)[2]

図8 画像TQのswan解析
code=Titan0PeachGE(1eY)[2]_onAGI(swan)8(64)

 湖面に写っている空の様子と、実際に写っている空の様子とが、明らかに異なっていることの説明として、「私たち地球人に公開すべきではない何かが存在していたためNASAが空を作り直したのではないか」と考えていましたが、図7と図8を見ると、数多くの横線で構成されている空のパターンに対して、それらの前方に、この不思議なものがあります。このことから、「NASAが空を描き直した」という仮説は否定されそうです。もし「NASAが空を描き直した」のであれば、この不思議なものも、きちんと消しておくはずだからです。

 衛星タイタン湖畔の空の15L解析

 上記swan解析のウェーブレット関数は9×9画素によるものです。3×3や7×7のものに比べると、細かなところにとらわれなくなっていますが、さらに大きなサイズの低周波ウェーブレット解析で、もっと全体的な姿を見ることにしたいと思います。
 次の図9は画像TPについて、低周波レリーフ解析の15L解析を行ったものです。山際の空にあるものが、何らかのかたまりとして、立体的なものとして見えています。
 図10はゴブリンアイ解析で画面の質を調整しつつ拡大したものです。また、図11は図10を[2]倍に拡大したものです。

図9  画像TPの15L解析(画像TP15L)
code=Titan0Peach_onAGI(15L)8(0)

図10 画像TP15Lの[2]倍のゴブリンアイ解析
code=Titan0Peach_onAGI(15L)8(0)[2]GE(1eYYY)

図11 図10の[2]倍
code=Titan0Peach_onAGI(15L)8(0)[2]GE(1eYYY)[2]

 これは、けっきょく、ただの、平たくまとまった雲なのでしょうか。地球とは大気の成分も異なる星での現象です。地球人の目からは異質な姿に見えるような雲があっても、おかしいことではないのかもしれません。
 まさか、このようなところに、空中都市か飛行船のようなものがあるというのも変ですし、そのようなものがあったとしたら、きっと消されてしまっていることでしょう。
 (Written by KLOTSUKI Kinohito, Jan 22, 2016)

 参照資料

[P] Caltech researchers find evidence of “Planet Nine” CAA …
http://cuyastro.org/2016/01/20/caltech-researchers-find-evidence-of-planet-nine/
[A] ChMd57 衛星タイタン湖畔のTIFF画像による再解析(1) 図2 衛星タイタン湖畔の色調整後の画像
http://www.treeman9621.com/ChimeraMind/ChMd57/fig02_BIG.html
[B] 衛星タイタン湖畔のTIFF画像による再解析(1)
(ChMd57)Re-Analysis (1) on Titan Lakeside TIFF Image
http://www.treeman9621.com/ChimeraMind/ChMd57/Re-Analysis%281%29.html
 (Written by KULOTSUKI Kinohito, as treeman9621, March 11, 2012)
[T] PIA11001: Titan's Ethane Lake
http://photojournal.jpl.nasa.gov/catalog/PIA11001
Full Res TIFF PIA11001.tif (396.7 kB)

 

ランダムノート2016ブランチページへもどる