「幽霊変換」の代わりは「空想変換」(プロローグ)

黒月樹人(◇田中タケシ)@黒月解析研究所

ランダムノート2018ブランチページへもどる

 「うつ病」になった

 およそ半年ほど、黒月樹人のホームページを更新しませんでした。
 なんとなく分かるかもしれませんが、ここ10年ほど、遠ざかっていたため、もう起こらないだろうと思っていた「うつ状態」になったのです。
 斎藤茂太さんの「うつもまた楽し」などを読んでも、一向に上向きません。
 このようなときは、つまらなくても、つらくても、何か、仕事のような作業のような、無為に時間をつぶせることに打ち込めるとよいのですが、人生の、このステージに至ってしまうと、そんな簡単にゆくものではありません。
 はっきりと分かっている「きっかけ」は、ゴブリンアイズという医療画像解析ソフトが、医療世界の事情により、とうてい食い込む余地がないと思ったことだと思います。昨年の12月のころのことでした。
 今年の1月と2月は、外で作業することができました。3月は、何か考えて、自分の家の、トタンで葺いてある屋根をきれいにしてペンキ塗りをするとか、これまでやっていなかったことに取り組みました。
 すると、これまでなんて勝手なことをして生きてきたのかと、「うつ病」患者の、お定まりの考えかたに襲われ、かえってひどくなってしまいました。
 4月は最悪で、この月から、住んでいる地区の代表者とされる役職につくことになり、このため、何か連続して行える仕事やアルバイトなどのようなものを見つけることができず、かえって、落ち込むことになりました。
 5月に少し、農作業の季節労働者のアルバイトをやって、見かけ上、普通の人間のようにふるまえました。
 このころから、腹が座り、何もすることがない、と考えるのをやめ、何もすることがないのなら、ボーっとしていよう。夜眠れないのなら、眠らないでいよう。こんなふうに考えてゆくことにしました。

 ホームページを壊してしまった

 6月にちょっとした事件がありました。
 あるところのホームページを更新する仕事をやっているのですが、ワードプレスを使っています。このとき、ワードプレスの画面表示のさそいに乗ってしまって、最新バージョンへとグレードアップしてしまったのです。
 すると、それまですいすい行えていた、ファイルの保存ができなくなってしまいました。
 この問題を何とかしようと、あれこれと試しているうちに、そのホームページを壊してしまったのです。単に壊しただけなら、時間をかけて直せばよいだろうと思われるかもしれません。しかし、このときのトラブルでは、ワードプレスで、そのホームページを直すための、ダッシュボードへ入れなくなってしまったのでした。
 打つ手なし。
 こんな状態で、徹夜明けをして、少しは頭を休めようと、ベッドに横たわって、数分もしないうちに、震度5弱と言われる地震が起こりました。
 外に飛び出し、町内の様子をうかがって、それほどたいへんそうでもなかったので、部屋に戻り、壊したホームページのダッシュボードへ入る方法が何かないかと、ネットの情報を探し、何か手がかりのようなものがないか、何かヒントのようなものがないか、ボーとした頭のまま、試行錯誤を続けました。
 およそ1時間後、wp-config.php というファイルに書き込む2行の位置に条件があるということを突き止め、それを直して実行したところ、ダッシュボードに入ることができました。
 ここから後は「力わざ」で何とかなります。
 「うつ病」で苦しんでいたのに、このトラブル。ほんとうなら、この世を悲観して…というストーリーも頭をよぎったのでしたが、何かすることがあるかどうか、それをやり遂げるまではあきらめない、と何度も言い聞かせ、そして、実際に、壊れてしまったホームページを何とか復帰させることで、あきらめなくてよかったと思うことができました。

 「幽霊変換」を消した

 黒月樹人のホームページの背骨のようなものであった「幽霊変換」に論理的なミスがあることに気づいたのは、ホームページの更新以前のことだったと思います。
 これでは「うつ病」がもっとひどくなる、と思ったものの、いつまでもホームページに残しておいたら、このことを思い起こして、もっと自分を責めてしまう。
 どうせ、昨年からの「うつ病」のため、もう何ヵ月も新しいページを作っていない。
 ほとんど誰も見なくなったホームページの、背骨だろうがアキレス腱だろうが、間違っていたものは、身体で言えば「がん細胞」のようなもの、さっさと切り捨ててしまおう。
 そして、時間がたち、仕事として受けていた外部のホームページを壊して戻して、地区の責任者の仕事も、ぽつりぽつりとこなせば、あとはボーっとしていられる時間があり、ここで、10年前図書館で借りた、アインシュタインの特殊相対性理論の原著の日本語版を借りて読みだすことにしたのです。
 ただ本を読むだけではなく、A4の紙を縦に2枚貼り付けたものをノート代わりにして、思いついたアイディアの計算や、アインシュタインの理論を学ぶための整理メモなどを作ってゆきました。
 ふと思いついた、これがアインシュタインの特殊相対性理論の矛盾だ、と思えるような、長い計算を何枚にもわたって組み立てました。ちようど、豪雨災害が起こっていた3日間のことです。世の中では、こんなにひどいことが起こっているのに、こんなことをしていていいのだろうかとも思いました。
 やがて、何日か経って、これが失敗だということが分かります。
 こんなことを、何度も繰り返しました。
 縦に2枚貼り付けたA4用紙の、表も裏も、ボールペンでアイディアとその計算を書き込み、束ねて、また書いて…
 タイトルにみあうところまで、まだまだかかります。
 タイトルを少し変えて、このページはここまでとしておきます。
 (Written by KLOTSUKI Kinohito, July 26, 2018)

 

ランダムノート2018ブランチページへもどる