スプリント・ランニング・トレーニングのメニュー構成法(1)
/文献資料調査
Menu Forming Method of Sprint Running Training (1)
/ Documents Investigation

黒月樹人(Kinohito KULOTSUKI)@黒月解析研究所


PDF スプリント・ランニング・トレーニングのメニュー構成法(1)/文献資料調査

「スポーツ解析」ブランチページへもどる

 スプリントトレーニングのための10冊の本

 このページを読むとよいのは、高校生や大学生で、スプリントパートを指導するコーチに恵まれていない選手である。あるいは、陸上競技を指導しているが、スプリント選手の能力を高めることに困難さを感じているコーチも、よいかもしれない。
 私自身のノウハウを示すのが正当な手順であろうが、私の経験や理論にも限界がある。
 そこで、まずは、上記のような選手やコーチのために、役だつ文献資料を調べ、それについての案内を記そうと思う。
 私が住んでいるところにある、平均的な、町の図書館(げんみつには市の図書館)のスポーツ書籍のコーナーを覗き、とりあえず、役だつと思われる本を10冊借りてきた。

[1](改訂新版)「マック式短距離トレーニング」ゲラルド・マック著、訳・構成――佐々木秀幸・小林義雄、講談社刊1985
[2]「陸上競技入門」丸山吉五郎・丹羽悟郎ほか著、講談社刊1970
[3]「高校生の陸上競技」全国高体連陸上競技部編、講談社刊1981
[4](改訂版)「スプリントトレーニングマニュアル」阿部征次著、ベースボール・マガジン社刊2004
[5]「陸上競技 君だけのメニューづくりマニュアル」阿部征次著、ベースボール・マガジン社刊2004
[6]「スポーツ生理学の基礎知識」チームO^2編、山海堂刊2004
[7]「運動生理学テキスト」医学博士 市河三太著、理工学社刊1992
[8]「運動生理学」医学博士 市河三太/医学博士 室 増男 共著、理工学社刊1989
[9]「続 間違いだらけの (改訂版)スポーツトレーニング」鈴木正之著、黎明書房刊1993
[10]「まんがでわかる ランニング障害解決事典」スポーツ整形外科医 小嵐正治著、ランナーズ刊2004

 [1](改訂新版)「マック式短距離トレーニング」

 この本のp27に「短距離走トレーニングの構成要素」の表がある。1. スピード(トレーニング、以下この単語は略す) 2. 特殊持続力 3. テンポ持続力 4. 一般持久力 5. 筋力 6. パワー・スピード 7. パワー・スピード(ミックス) 8. 筋持久力 9. 筋持久力(ミックス)
 これの「7. パワー・スピード(ミックス)」は、ハイ・ニー・スキップ(Aスキップ)、ハイ・ニー・スキップ振り出し(Bスキップ)や、バウンディング、ハイ・ニー・ランニング振り出し(B型)など、多彩な補助トレーニングのリストである。ここの部分は非常に重要な部分であるが、これまで、うまく理解されずにいて、高速ランニングフォームの力学的なメカニズムと、これらの補助トレーニングが密接に結びついていることが分からなかった。
 p57に「10. 正しいランニング技術の指導」がある。ここに、私が加えたい注意点は、「足首まわりに力をこめて、足首のバネを利用して、地面を蹴る反動で膝を上げる」というものである。このことの重要性が、何十年もの間理解されてこなかった。
 p91から始まる「6 トレーニング計画」も、貴重な情報である。スプリンターに必要なトレーニング要素を、合理的に組み込む必要がある。人間なのだから、やれることは、時間的にも生理的にも限られてくる。だから、全体的な視野でトレーニングが計画だてられていることで、トレーニング効果に差がついてくる。

 [2]「陸上競技入門」

 p13から始まる「短距離のトレーニング法」のところの、p16にある「表3 週間トレーニング計画」が、具体的なトレーニングメニューのサンプルとして役だつ。また、p17の「表4 週間トレーニング計画」も参考になる。同じタイトルの「表5」「表6」が、p20とp21にある。細かく書かれているが、非常に具体的なものであり、こまかなノウハウを読みとることができる。

 [3]「高校生の陸上競技」

 p20からの「雪国の冬期トーニング」がユニーク。雪国でなくても、参考となるノウハウがつめこまれている。
 p33からの「陸上競技に見られるスポーツ障害」にもトレーニングに必要な知識がたくさんある。
 p55からの「(短距離の)トレーニング計画」のところに、「年間トーニング」や「第1強化期の練習計画例」などが豊富に載せられている。

 [4](改訂版)「スプリントトレーニングマニュアル」

 スプリンターにとって基本的な知識がまとめられている。トレーニングメニューの表がたくさん示されている。

 [5]「陸上競技 君だけのメニューづくりマニュアル」

 よくまとまっている。スプリントチームのリーダーが参考とすべき、細かな知識が豊富に語られている。参考とするようなメニュー表はほとんどないが、それを構成するための考え方が説明されている。

 [6]「スポーツ生理学の基礎知識」

 ここに示されている科学的な知識を理解しておくと、トレーニングの効果を高めることができる。よい本が現れてきた。

 [7]「運動生理学テキスト」 [8]「運動生理学」

 専門家が記した「運動生理学」のテキスト。大学での講義のためにまとめられているのかもしれない。化学式などの専門的な知識までは必要がないかもしれないが、肉体の科学的なメカニズムを理解することができる。

 [9]「続 間違いだらけの (改訂版)スポーツトレーニング」

 p80から始まる「解剖生理学から見た筋力トレーニングの基本原理」は興味深い。

 [10]「まんがでわかる ランニング障害解決事典」

 ランナーが陥る故障や障害についての知識が豊富にまとめられている。故障したときはもちろん、故障を防ぐ意味でも、これらの知識を吸収しておほうがよい。

 まとめ

 とりあえず10冊を選んで、その内容を概観してみた。
 状況によって異なるかもしれないが、どれか一冊手にいれるとしたら、[5]「陸上競技 君だけのメニューづくりマニュアル」がよいかもしれない。
 [1](改訂新版)「マック式短距離トレーニング」は、当時の翻訳者による理解が十分ではなかったので、大切なところがうまく語られていない。かなり古い本なので、入手できにくいだろう。
 補助的な知識をしっかり学ぶには、[6]「スポーツ生理学の基礎知識」がよいようだ。

 (Written by Kinohito KULOTSUKI, Oct 5, 2011)



 参照資料

[1](改訂新版)「マック式短距離トレーニング」ゲラルド・マック著、訳・構成――佐々木秀幸・小林義雄、講談社刊1985
[2]「陸上競技入門」丸山吉五郎・丹羽悟郎ほか著、講談社刊1970
[3]「高校生の陸上競技」全国高体連陸上競技部編、講談社刊1981
[4](改訂版)「スプリントトレーニングマニュアル」阿部征次著、ベースボール・マガジン社刊2004
[5]「陸上競技 君だけのメニューづくりマニュアル」阿部征次著、ベースボール・マガジン社刊2004
[6]「スポーツ生理学の基礎知識」チームO^2編、山海堂刊2004
[7]「運動生理学テキスト」医学博士 市河三太著、理工学社刊1992
[8]「運動生理学」医学博士 市河三太/医学博士 室 増男 共著、理工学社刊1989
[9]「続 間違いだらけの (改訂版)スポーツトレーニング」鈴木正之著、黎明書房刊1993
[10]「まんがでわかる ランニング障害解決事典」スポーツ整形外科医 小嵐正治著、ランナーズ刊2004




「スポーツ解析」ブランチページへもどる