短距離ランニングフォーム解析 (45) KO選手のランニングフォーム概観

黒月樹人(KULOTSUKI Kinohito)@ 9621 ANALYSIS

「スポーツ解析」ブランチページへもどる

 はじめに

 KO選手はハードラーですが、ハードルに関する指導を幾つか行ってから、通常のランニングフォームをチェックするため、ややスピードを押さえたコントロールスピードで走ってもらい、それをビデオ撮影して解析しました。

 ランニングフォームとランナー感覚の動き

 次の図1は、KO選手のランニング(YGR)についての、ランニングフォーム(左)とキックポイント前後のランナー感覚の動き(右)です。
 キックポイントというのは、そのキック動作において、全重心(G)の水平速度(dG)が最大値をとる瞬間のことです。おおよそ、そのときに離陸しています。
 キックポイントが、まさに重心直下あたりのフォームをアルファクランクキック(α)とよびます。後方の最後は、キック脚の膝を伸ばしきるときにキックポイントをむかえるピストンキック(P)です。これらの間に、ベータクランクキック(β)、ガンマクランクキック(γ)、(ガンマデルタクランクキック(γδ, gd))、デルタクランクキック(δ)があります。
 キックの力を効率よく水平スピードへ変換することができるのは、ベータクランクキックとガンマクランクキックです。ただし、ベータクランクキックでうまく走るには腰高になってしまいますが、ガンマクランクキックは中腰でうまく作用します。
 KO選手のランニングについて、KO(1)からKO(6)までの6歩を解析しました。赤で描いてあるのが右脚と右手で、青のほうが左脚と左手です。







図1 ランニングフォーム(左)とキックポイント前後のランナー感覚の動き(右)

 次の表1は「KO(#)のForm分類とスピードなどのデータ」です。
 ここに記した項目について説明します。
 身体重心(G)の水平速度がdG [m/s] です。
 身体各部の重心を次の記号で決めています。頭部と両腕と胴体からなる上半身を(本来の意味では両腕をふくみませんが)トルソ(T)とし、スウィング脚の重心をS、キック脚の重心をK、さらに、特殊なまとめ方として、上半身とキック脚をまとめて棒のように見なし、キック棒(B)と呼びます。
 これらの各重心についての水平速度を、重心記号の前にdをつけて、dT, dS, dK, dBとします。これらの定義のもとで、dT-dKやdS-dBを考え、相対トルソ速度(dT-dK)や相対スウィング速度(dS-dB)と呼びます。
 一人のランナーについて、水平方向の運動量保存則を考え、質量比から求めた係数p=2/3とq=1/4を使って、次の関係式が成立することを導きました。
    dG = p(dT-dK) + dK + q(dS-dB)
 dGOは全重心(G)とキック脚の地面支点(O)を結ぶキック軸(GO)に沿っての、全重心(G)の速度です。水平速度ではないのですが、dをGOに添えて記号化しています。
 b/aはスピード変換比と呼びます。b=dGでa=dGOとして、b/a=dG/dGOとなります。このスピード変換比は、一般に、デルタクランクキックやピストンキックでは小さな値となり、ガンマクランクキックやベータクランクキックでは大きな値となります。これとは逆に、キック軸速度dGOは、アルファクランクキックやベータクランクキックより、デルタクランクキックやピストンキックのほうが大きな値が生み出されます。けっきょく、dG=(b/a)×dGOなのですが、このような2つの要素が、どちらにもかたよらず、うまく組み合わさって大きなdGを生み出すフォームとして、ガンマクランクキックがあるのです。
 WOL/KOLというのは、WOLという角速度と、KOLという角速度の比です。∠WOLの角速度をWOLとしています。∠WOLのWはランナーの腰で、Oはキック足の支点(スパイク面の拇指球位置)、そして、LはOから地面後方に引いた線上の任意の点です。∠KOLのKはキック脚の膝点(K)です。このようにして観測したとき、WOL/KOLが1.0であるということは、キック脚が膝の角度をほぼ固定したまま動いていることを意味します。これを真正クランクキックと呼んでいます。

表1 KO(#)のForm分類とスピードなどのデータ



 総合解析

 KO(2)のような◇総合水平速度グラフ◇のパターンが、これらの中では、いちばんよい(ましな)ものです。全体的に速度変化のパターンが平坦すぎるのです。これは、コントロールスピードで走ったからかもしれません。KO(5)とKO(6)ではピークが2つあって不合理なものです。後方にキックしてスピードアップしようしても、中間疾走ではスピードアップするのはむつかしいのです。







図2 KO(#)の総合解析



 水平に飛び出せているか

 KO(6)をのぞき、うまく水平に飛び出す感覚が身についています。







図3 水平に飛び出せているか



 連絡事項

 YG選手のランニングフォーム解析を片づけて、KO選手のほうも、と考えていたのですが、ここ何日か、残業が続き、ほとんど時間がとれなかったので、とりあえず、解説文が不足していますが、解析結果としての画像を示しておきます。
 私の解析体系の初心者には、何が語られているか、よく分からないだろうと思います。

 KO選手のランニングフォームは、キックポイントが後方に遅れてしまっています。まずは、ガンマクランクキックのフォームを学ぶ必要があります。もうひとつ、ランニングでの動きが一様すぎます。キックの瞬間にもっと力をこめられるように、蹴る瞬間の動きを速くしようとすべきです。これらについては、「短距離ランニングフォーム解析 (44) YG選手のランニングフォームについての問題点」にもいろいろと書いてあります。「下に蹴っているのに前進スピードが上がってゆく」という動きを見つけ、それを磨きあげることです。

 ハードル技術については、1台目ではダッシュのスピードが充分にありますから、とくにアタックデップしなくても、自然にやっているはずです。中盤から後半にかけて、スピードが落ちるようなら、アタックデップのところで、シングルアームアクションを強く意識して、踏切の瞬間に素早くアームアクションでガイドして上半身を前方に突っ込み、それに合わせてリード脚の膝下を振り出して、上と下とでシザース動作を行うこと。もちろん、馬の蹄のポーズは、1台目の着地の時から役だちます。
 (Written by KLOTSUKI Kinohito, July 17, 2014)

 

「スポーツ解析」ブランチページへもどる