短距離ランニングフォーム解析 (9) MR選手の詳細重心解析

黒月樹人(KULOTSUKI Kinohito)@ 9621 ANALYSIS


PDF 短距離ランニングフォーム解析 (9) MR選手の詳細重心解析

「スポーツ解析」ブランチページへもどる

 MR選手のランニングフォーム


図1 MR選手のランニングフォーム(2001年のもの)

 これらは、全速力のものではなく、トレーニングにおけるフロートでのフォームです。

 MR選手のキック局面


図2 MR選手のキック局面における重心描写



 MR選手の詳細重心解析


図3 MR選手(a) 3←2←1の詳細重心解析


図4 MR選手(b) 10←9←8の詳細重心解析


図5 MR選手(c) 17←16←15の詳細重心解析

 (左)に画像からのフォームを示します。(中)ごろにあるのは、詳細フォームでの全重心(G)の水平速度dx(G)と鉛直速度dy(G)のグラフです。dx(G)は塗りつぶされた濃い黄色で、dy(G)は塗りつぶされていない濃い水色でプロットされています。縦の線は、地面にきちんと接地していないために値がばらついてしまうところを示しています。濃い水色のプロットで太線になっているのは、(右)に取り出した詳細フォームのところです。ここでは詳細フォームの10に相当する間隔となっています。(左)の画像の重心プロットの時間と同じです。
 図3の(a) 3←2←1では、水平速度がやや減速ぎみですが、ほぼ一定の値を維持しようとしていると見ることができます。
 図4の(b) 10←9←8と図5の(c) 17←16←15では、水平速度が向上しています。加速キックです。図5では、前半に鉛直速度を高めています。図4では、鉛直速度は0のままですが、水平速度がより向上しています。


図6  MR選手(a) 10←9←8の全重心速度グラフと3コマのフォーム

 このフォームは、9←8の前半部分で身体重心直下へと力を加えており、このことによって、水平速度を向上させています。そして、その速度加速のペースが衰えることなく、10←9の後半部分で、スウィング脚の膝を前方へと突きだし、当時に、腰も前方へと入れる動作を加え、全体の水平速度を高めようとしています。これらの動きの中で、スウィング脚の膝の角度の変化が、かなり自然なものに思えます。腰の下方へと、引きつけて、その勢いを受けて、前方へと突きだし、自然な運動量の移動により、膝から下の部分が前へと振り出されています。このスウィング脚の重心の、水平方向での大きな動きが、特徴的なものとなっています。
 (Written by KULOTSUKI Kinohito, Oct 24, 2012)

 

「スポーツ解析」ブランチページへもどる