高速ランニングフォームのためのトレーニングメニュー(12)
速く走るための走の基本ドリル(画像2)

黒月樹人(KULOTSUKI Kinohito)@ 9621 ANALYSIS

「スポーツ解析」ブランチページへもどる

 走の基本ドリル(画像2)

 「トレーニングメニュー(12) 速く走るための走の基本ドリル」で説明しているものについて、まだ、画像として紹介していないものや、もうすこし、うまく出来ていそうなものを、次に示します。
 その内容のリストを、先にまとめておきます。

 (i) [導入] 中腰前進バージョン歩行(Walk Go on)
 (j) [導入] 中腰前進バージョンジョギング(Jog Go on)
 (g) [強化] ロングステップスキップA(Long Step Skip A)
 (r) ハイステップスキップB(High Step Skip B)
 (s) [強化] ハイニースキップB(High Knee Skip B)
   → もっと、膝を高く、スウィングを大きくしようと試みたもの
 (u) [強化] ロングステップスキップB(Long Step Skip B)

 中腰前進バージョン歩行(Walk Go on)




図1 (i) [導入] 中腰前進バージョン歩行(Walk Go on)

 少し身体重心を下げて、中腰フォームを心がけ、すばやく前進するようにして歩きます。キック脚の膝の角度を、ほぼ固定して、地面を下方へと押しますが、スピードがついているので、やや後方へと力が作用することになります。キック脚の膝下を少し前方へと振り出しぎみに送り出し、その膝に重心を乗せてゆくという感覚です。スキップAゴーオンのドリルを経由して、中腰ガンマクランクキックやベータクランクキックのフォームをマスターするための、動きの導入のための運動です。この動きが、スキップAゴ―オン(SkipA Go on)の基本です。さらには、スプリントランニングのフォームの中でも、力学的な効率に優れ、他のフォームに比べも、より大きなスピードを生み出すことができる、ガンマクランキックへとつながる動きです。キックのタイミングを早め、より短く力を集中させれば、さらに強力な、ベータクランクキックのフォームへと変化してゆくものの、歩行における動きの「すり込み」を行うことになります。とても負荷の弱い運動なので、強化の意味はありません。距離はいくらでもかまいません。

 中腰前進バージョンジョギング(Jog Go on)


図2 (j) [導入] 中腰前進バージョンジョギング(Jog Go on)

 図1の(i) [導入] 中腰前進バージョン歩行(Walk Go on)を、ジョギングレベルへと変化させたものです。やや身体重心を落とし、キック脚の膝の角度を固定して、地面を真下に踏みつけるイメージで、少し弾むことによって、ジョギングレベルとして行います。やはり、スキップAゴーオンのドリルを経由して、中腰ガンマクランクキックのフォームをマスターするための、動きの導入のための運動です。これも、距離はいくらでもかまいません。

 ロングステップスキップA(Long Step Skip A)


図3 (g) [強化] ロングステップスキップA(Long Step Skip A)

 スキップAゴーオンから始めて、地面を強くキックすることにより、ストライドを伸ばせるように心がけます。通常のバウンディングのように距離を伸ばすわけですが、通常のバウンディングは三段跳の動きへとつながってしまいます。同じように距離をかせぐように心がけて跳びますが、スキップAゴーオンの動きから強調して行うことにより、スプリントランニングの動きを強化する運動となります。かなり強度の高い運動です。

 ハイステップスキップB(High Step Skip B)


図4 (r) ハイステップスキップB(High Step Skip B)

 スキップBから始めて、キック脚に力を込めて、高く跳び上がるようにします。このとき、スウィング脚の膝は、腰の高さあたりまで上げるだけにします。スプリントランニングの動きをなぞりながら地面を強くキックするためのトレーニングとなります。距離は適度に、20mから100mくらいで設定しておこなってください。100mで何本か行えるようになるのが、ひとつの目標となります。これも、かなり強度の高い運動です。画像では(高速)オールウェザーの走路上で行っていますが、初心者は、芝生や土の上で行うようにしたほうがよいでしょう。

 ハイニースキップB(High Knee Skip B)




図5 (s) [強化] ハイニースキップB(High Knee Skip B)
         → もっと、膝を高く、スウィングを大きくしようと試みたもの

 前回提示したハイニースキップBの画像では、まだまだ力強さに欠けていましたので、10年前のころやっていたイメージを思い出して試みました。10年前は、この運動を100mで何本か行えるレベルだったので、今より速く走れていたように思います。このレベルで100mをこなすのは、とても強度の高い運動となります。初心者は20mくらいの距離から始めて、徐々に距離を伸ばして行ってください。初心者は、キックのときに、キック脚の膝が曲がり、腰が落ち気味になってしまいますので、ここを注意して、しっかりと伸びあがるポーズがとれるようにしてください。

 ロングステップスキップB(Long Step Skip B)


図6 (u) [強化] ロングステップスキップB(Long Step Skip B)

 スキップBゴーオンから始めて、ストライドを伸ばしてゆきます。スキップBゴーオンでは、やや中腰気味だったはずですが、この運動では、腰高キックとなってゆくと思います。初心者だと、スウィング脚の動きが目立つようですが、ストライドを伸ばすための原動力は、キック脚のほうにあります。キック脚に力を込めて、しっかりと跳び出してください。これも、非常に強度の高い運動です。距離は、短いところから始めることになることでしょう。100mの距離で行えるようになるのが目標となります。
 (Written by KULOTSUKI Kinohito, Oct 6, 2013)

 

「スポーツ解析」ブランチページへもどる