短距離ランニングフォーム解析 (3) NS選手

黒月樹人(KULOTSUKI Kinohito)@ 9621 ANALYSIS

PDF 短距離ランニングフォーム解析 (3) NS選手
「スポーツ解析」ブランチページへもどる

 NS選手のランニングフォーム

 NS選手はMR選手のチームメイトでした。100mのタイムは10秒8だったと思います。100mレースのラスト10mでごぼう抜きして勝っていました。4×100mリレーでは、NS選手が2走、MR選手が3走で、チームの記録を書き換えていました。
 次に示すステックピクチャー図は、NS選手のトレーニングにおけるフロート走について調べたものです。






図1 NS選手のランニングフォーム

 NS選手の特徴は、前方へと伸ばした脚にあります。次の図2は、そのようなフォームを並べたものです。


図2 NS選手の前方によくのびたキック脚

 NS選手のキック局面のフォーム

 図1に表示したステックピクチャー図の中に、次の図3に示した、3回のキック局面があります。


図3 NS選手のキック局面のフォーム(3コマ表示)

 NS選手は、もちろんクランクキックですが、高速ランニングフォームと呼べるほど、身体重心直下でキックポイントをもっているわけではなく、やや後方へと押すタイプのキックです。
 スウィング脚の引き付けの型は、「後方巻きあげ方」と「(パウエルのような)直線引き出し型」の中間的なものとなっています。このようなタイプを「直下引き付け型」と呼びたいと思います。


図4 NS選手のキック局面のフォーム(2コマ表示)

 図3ではビデオ画像3コマ分のキック局面について描きましたが、NS選手は、やや後方へと押すタイプのキックなので、図4のような、キック局面後半の2コマ分を取り出して比較すると、特徴をつかみやすいようです。
 表1は、NS選手のキック局面のフォーム(2コマ表示)の、全体とスウィング脚についての重心変化を求め、それらを、dGとdSとおいたときの、重心変化比(dS/dG)を求めたものです。これらの2コマは、すべて、1秒の1/30の時間間隔によるものですから、これらの値は、全重心やスウィング脚の速度として考えることができます。すると、「重心変化比(dS/dG)」は、全体の速度に対する、スウィング脚重心の速度を意味していることになります。重心変化比(dS/dG)が1.38ということは、仮にNS選手が10m/秒のスピードで走っているとしたら、スウィング脚重心の速度は13.8m/秒だということになります。

表1  NS選手のキック局面のフォーム(2コマ表示)の重心変化値



 ここで求めた「重心変化比(dS/dG)」の値は、ランニングスピードに関するスウィング脚の効果を考えるときに重要なものとなります。このことについては、あらためて詳しく説明します。この段階では、いろいろなタイプのランナーが、どのような値を生み出しているかということに注目してください。
 ちなみに、NS選手の1.38という値は、かなり高いものです。スウィング脚の膝を折りたたんだフォームでも、このあたりでの動きが素早いものであれば、スピードを高める効果があるようです。

 

「スポーツ解析」ブランチページへもどる