高速ランニングフォームについてのエピソード(3)
ピストンキックと
高速ランニングフォームとしてのクランクキックとの違い

黒月樹人(KULOTSUKI Kinohito @ 9621 ANALYSIS)

「スポーツ解析」ブランチページへもどる

 

 前回の「エピソード(2)フォームの分類」で、「図1 高速ランニングフォーム(膝の角度変化が小さなキック)」と「図2 ピストンキック」を示しました。これらのフォームがどのような理由で大きく異なるのかということが分かりますか。


図1 高速ランニングフォーム(膝の角度変化が小さなキック)


図2 ピストンキック

 これらの違いを見るのには、ランニングフォーム解析ソフトruna.exe を使えばかんたんですが、ここではまず、これらのステックピクチャーを観察することによって、その違いを考えることにしましょう。
 これらのランニングフォームの分類をするときに、本質的なことは、ひとつです。それは、どのようなフォームの状態で最大速度を生み出せているかということです。ですから、これらの図において、全重心(黒丸)の動きを見ればよいわけです。これらのステックピクチャーは、1秒間に30コマのビデオ画像の、4コマについて調べたものから構成しています。それぞれのフォームの時間間隔は、どれも1/30秒です。つまり、同じ時間なので、そこでの移動距離が大きいほうが、速く動いていることになります。
 図1では、4つの黒丸でつくられた間の距離で、真ん中の区間が、もっとも広くなっています。図2では、もっとも左の、最後の区間が、もっとも広くなっています。だから、図1のフォームでは、真ん中のどこかでもっとも速く動いているのです。実は、図1の最後のところでは、べんぎ上スパイク面を合わせてありますが、ほんとうはもっと前進していて、すでに地面から離陸しているはずなのです。図2では、左端の区間のどこかで離陸しています。
 このように見ると、図1のフォームでは、接地している時間がとても短く、図2のフォームでは、比較的長いということが分かります。
 図2のピストンキックでも、接地して移動しているときには、キック脚の膝の角度変化の様子は、図1のものとよく似ています。しかし、このときに、ここで力が入っていず、最後のところで速い動きをしようとしているわけです。
 蛇足になるかもしれませんが、これらの重心変化のパターンを見ると、スウィング脚の重心変化によって、図1のフォームは「直線引き出し型」で、図2のフォームが「下方引きつけ型」であることが分かります。図1では青い丸ですが、これらの4つが、ほぼ直線上にのっています。図2の赤い丸では、右から二つ目のものが、全重心のほうへと近づいています。このように、スウィング脚が膝でおりたたまれて、軽い動きとなって前方へと移っているわけですが、これは、このようなときに、キック脚に力が入っていないことも示しているのです。もし図1のように、右から2つめのステックピクチャーのところでキック脚に力が入っていれば、このときの腰が押し上げられようとしますから、そこにつながってぶらさがりながら動いているスウィング脚の、比較的自由に動くことができる、膝下の脛と足の部分が、下に動こうとして、動きのバランスをとろうとするはずなのです。図1のようなスウィング脚の「直線引き出し型」という動きは、このようにしようとしているのではなく、キック脚の影響で、このようになってしまうのです。
 (Written by KULOTSUKI Kinohito, Nov 20, 2012)

 

「スポーツ解析」ブランチページへもどる