ゴブリンアイズ 解析手法ガイドページ「医療」(あらまし)

黒月樹人(KULOTSUKI Kinohito @ 9621 ANALYSIS)


ゴブリンアイズの使用権を販売します  ゴブリンアイズの注文書

医療画像解析ソフト ゴブリンアイズ ブランチページへもどる

 「医療(Ga)」「医療(Ge)」「医療(Gr)」のガイドページ

 図1から図3として、「医療(Ga)」「医療(Ge)」「医療(Gr)」のガイドページの全景を示します。
 これらの画像をクリックすると、拡大ページへ進みます。
 実際のプログラム画面では、これらのサンプル解析画像の領域をクリックすると、それに対応した、専用の解析ページ(このときは色加味解析のページ)へと進みます。
 その専用解析ページには、そのバリエーションをチェックするためのスイッチがあります。
 解析できるのは、これらのガイドページにあるものだけではありません。もっともっといろいろなことができます。
 これらのガイドページの見本解析画像は、使いやすいようにと並べてあるだけのものです。

 記号のGa, Ge, GrのGは、アルファベットの7番目なので、7色の色加味解析を象徴する記号として使っています。添え字のaとeは母音のアエイオウの順で、とくに意味はありません。
 Gaは1ページから3ページの色加味解析を、1Ahard(1A硬)を除いて示してあります。
 Geは4ページから6ページの色加味解析を、4Ahardを除いて示してあります。
 添え字のrは残余(residue, またはrest)を意味しています。
 残余ページでは、GaとGeで示せなかった、1Ahardと4Ahard、そして、残っている7ページのA,B,C,D の4つを示しています。

図1 医療(Ga)のガイドページ
(画像をクリック → 拡大ページへ)

図2 医療(Ge)のガイドページ
(画像をクリック → 拡大ページへ)

図3 医療(Gr)のガイドページ
(画像をクリック → 拡大ページへ)

 「医療(Ka)」「医療(Ke)」のガイドページ

 次の図4と図5は、11色の色加味解析、1ページ目から6ページ目までのサンプル画像を示したものです。
 ただし、(O)原画像のところは、どうしても必要だったので、その場所の1Ahardと4Ahardは示していません。
 1Ahardのサンプル画像は、後の残余ページで取り上げますが、4Ahardはスペースの関係で示していません。
 しかし、専用の色加味解析ページで「4A硬」を指定すれば使うことができます。

図4 医療(Ka)のガイドページ
(画像をクリック → 拡大ページへ)

図5 医療(Ke)のガイドページ
(画像をクリック → 拡大ページへ)

 「医療(Oa)」「医療(Oe)」のガイドページ

 次の図6と図7は、15色の色加味解析、1ページ目から6ページ目までのサンプル画像を示したものです。
 ただし、ここでも、1Ahardと4Ahardは示していません。
 1Ahardのサンプル画像は、後の残余ページで取り上げますが、4Ahardはスペースの関係で示していません。
 しかし、専用の色加味解析ページで「4A硬」を指定すれば使うことができます。

図6 医療(Oa)のガイドページ
(画像をクリック → 拡大ページへ)

図7 医療(Oe)のガイドページ
(画像をクリック → 拡大ページへ)

 「医療(Kr,Or)」のガイドページ

 この「医療(Kr,Or)」のガイドページでは、11色と15色の、それぞれの1Ahardと、7ページ目の4つのサンプル画像を示しています。

図8 医療(Kr,Or)のガイドページ
(画像をクリック → 拡大ページへ)

 ゴブリンアイズ28とゴブリンアイズ84

 解析内容が膨大な枝分かれをしてきましたので、これまでのゴブリンアイズ(goes.exe)を高分解能版として、ゴブリンアイズ84と(goes.exe)呼ぶことにし、色加味解析の7色のものだけを残したものを普及版として、ゴブリンアイズ28(goesG.exe)と呼ぶことにします。

図9 普及版ゴブリンアイズ28のトップページ
(画像をクリック → 拡大ページへ)

図10 高分解能版ゴブリンアイズ84のトップページ
(画像をクリック → 拡大ページへ)

 (Written by KLOTSUKI Kinohito, January 5, 2017)

 

医療画像解析ソフト ゴブリンアイズ ブランチページへもどる