Xray29 色変換

黒月樹人(本名 田中 毅)@ 黒月解析研究所


ゴブリンアイズの使用権を販売します  ゴブリンアイズの注文書

医療画像解析ソフト ゴブリンアイズ ブランチページへもどる

 色変換のページ

 色変換のページはタイトル行の下にある解析ページのためのスイッチ領域のいちばん右端の色変換をクリックすれば現われます。

図1 色変換のページ
(画像をクリック → 拡大画像へ)

 色変換のスイッチ

 色変換のページにおけるスイッチを図2に示します。

図2 色変換のスイッチ

 (a) リセット 初期状態の設定に戻します。
 (b) 画像呼出 画像を呼び出すダイアログボックスを開きます。
 (c) ゾーン指定 色変換を行う濃淡値のゾーン(上下幅)を指定します。デフォルトは右上の0-255です。0-64から始まって、64幅で32ずつずれてゆき、224-255のあとは、前半(0-128)、中盤(64-192)、後半(128-255)の128幅のものとなります。
 帯スイッチをクリックして指定することもできます。左端や右端の近くをクリックすると、それらが変わります。
 帯スイッチの左右にある同色のダイアモンドスイッチでは、8ずつ値が変化します。
 下にある、少し濃い色のダイアモンドスイッチは、微調整のためのもので、1ずつ値が変化します。
 (d) 変換(実行) md # 下の各スイッチで指定したモード(記号md)の値を#に表示します。
 (e) 変換 色の変換様式を選択します。HANGAは白黒版画の色分けをしやすくするためのものです。
 (f) 反転 (*) で * に示した色(R, G, B)の反転を示します。R, G, Bは順に、赤、緑、青です。
 (g) 交換 は色の交換を示す記号です。 ではR(赤)とG(緑)の色が交換されます。
 (h) 移動 移動では、色がサイクリックに変わります。R>G>B>R では、R(赤)がG(緑)に、G(緑)がB(青)に、 B(青)がR(赤)に、それぞれ変わります。
 (i) KEEP/SAVE 画像をKEEPして、他のページに進むとき、このKEEPをクリックします。
 SAVE をクリックすると、「名前を付けて保存」のダイアログボックスを呼び出します。

 トップの [4] ガイドリスト 4) 応用(美術)

 トップのページにおいて、[4] ガイドリストの 4) 応用(美術)を指定すると、このときのガイドページ(図3)が現れます。
 ここにある色変換(1)色変換(2)の領域をクリックすることにより、それぞれのサンプル画像によるガイドページへと進みます。

図3 4) 応用(美術)ガイドページ
(画像をクリック → 拡大画像へ)

 色変換(1) ガイドページ

 色変換(1) ガイドページでは、色変換のスイッチモードの md 1 〜 md 6 についての、いろいろなゾーン設定のサンプル画像を並べてあります。

図4 色変換(1) ガイドページ
(画像をクリック → 拡大画像へ)

 上段のA), B), C) は単色による色変換です。
 中断はHANGAによる色変換です。ここのところは、HANGAの解析だけでなく、元の画像との平均合成(MIX)としています。このほうが、版画の下絵とするときも、いろいろと加工がしやすくなるからです。
 下段はB&WとW&Bによる色変換です。

 次の図5は、色変換(1) ガイドページの C) Red(128-192) です。O) 原画像に対して、濃淡値の128から192のところだけ、暗い赤から明るい赤で色を置き換えます。この範囲から外れるところは、もとの色のままです。

図5 色変換(1) ガイドページのC) Red(128-192)
(画像をクリック → 拡大画像へ)

 次の図6は、色変換(1) ガイドページのD) HANGA(0-64)MIXです。
 HANGA(0-64)の意味は、この指定領域の中間位置である濃淡値32のところに、黒と白の境界があるということです。MIXというのは、解析画像と元の画像との5対5の平均合成をするということです。

図6 色変換(1) ガイドページのD) HANGA(0-64)MIX
(画像をクリック → 拡大画像へ)

 次の図7は、色変換(1)の K) W&B(64-192) → W&B(216-248) という操作をしたもので、ゾーンの値を変えたものです。ゾーン指定の帯スイッチの左右にあるダイアモンドスイッチの下に、少し濃い色のダイアモンドスイッチがあります。これは微調整のためのもので、値を1つずつ動かします。これにより、空の辺りだけを暗くして、その加減を変えたわけです。

図7 色変換(1)の K) W&B(64-192) → W&B(216-248)
(画像をクリック → 拡大画像へ)

 色変換(2) ガイドページ

 色変換(2) ガイドページでは、色の反転、交換、移動に関するサンプル画像を並べてあります。

図8 色変換(2) ガイドページ
(画像をクリック → 拡大画像へ)

 次の図9は、青色だけの反転 (B) を選択し、ゾーンを32-128としたものです。

図9 色変換(2) ガイドページの D) (B)(32-128)
(画像をクリック → 拡大画像へ)

 次の図10は、色変換(2) ガイドページの K) R>B>G>R(0-255)です。色の移動スイッチを利用しています。

図10 色変換(2) ガイドページの K) R>B>G>R(0-255)
(画像をクリック → 拡大画像へ)

 (Written by KLOTSUKI Kinohito, March 4, 2017)

 

医療画像解析ソフト ゴブリンアイズ ブランチページへもどる