「スパイス」解析

黒月解析研究所 & 西尾美術研究所


ゴブリンアイズの使用権を販売します  ゴブリンアイズの注文書

医療画像解析ソフト ゴブリンアイズ ブランチページへもどる

 スパイス解析ページへ進む3つの方法

 スパイス解析ページへ進むには、次の3つの方法があります。

 (1) スイッチバーの「スパイス」をクリックする。(図1の赤色で四角く示した部分)
 (2) おすすめ解析のトップページで「内科(2)」(図1の緑色で四角く示した部分)を選び、おすすめ解析のサンプル画像Cをクリックする。
 (3) 詳細ガイドページのトップページで「スパイス」(図4の緑色で四角く示した領域)を選び、この解析のサンプル画像ガイドページ(図5)を経由してゆく。

 もっとも速く進めるのは(1)の方法です。その次が (2) の方法です。スパイス解析の内容を広く知るためには、小さなサイズの解析サンプル画像が8つ並んでいる(3)の方法を使うのがおすすめです。
 このあと、(2)と (3) の手順について説明した後、スパイス解析ページのスイッチとその内容について説明します。

 おすすめトップ → 内科(2) → C → スパイス解析ページ

 ゴブリンアイズを起動すると、画像を呼び出すタイアログボックスが開きますから、あらかじめ保存しておいたビットマップ画像を選んでください。
 ゴブリンアイズの最初のページは、図1のような、おすすめ解析のトップページです。
 常に表示されている、上にあるスイッチバーの「スパイス」をクリックすると、スパイス解析へと進むことができますが、サンプル画像を見ることはできません。
 ここでの手順では、図1の右端にある、内科(2)の領域をクリックしてください。この図1では、説明のため、緑の実線で囲ってありますが、実際は、その内部にある、うすい網掛け緑色の帯で示されています。

図1 おすすめ解析のトップページ
内科(2)を選びます。
(画像をクリック → 拡大画像ページ)

 図1で内科(2)の領域をクリックすると、次の図2へと進みます。
 内科(2)のおすすめサンプル画像ページです。
 ここで A) と B) は「星夜(スターナイト)」解析へ進むためのサンプル画像です。
 スパイス解析へと進むためには、C) のサンプル画像をクリックしてください。
 ここでも、説明のため、水色の実線で枠を描いていますが、実際には、この線は現れません。

図2 内科(2)のおすすめサンプル画像ページ
C) を選びます。
(画像をクリック → 拡大画像ページ)

 図2で C) を選ぶと、次の図3へと進みます。
 スパイス解析の、タラゴンで、Spoon1の状態です。
 このSpoonの値を2や3に増やすと、もっとコントラストが強くなり、かつ、暗くなります。この解析対象画像では、Spoonの値は増やさないほうがよいようです。

図3 スパイス解析(タラゴン, Spoon1)
(画像をクリック → 拡大画像ページ)

 詳細トップ → スパイス → AからHのいずれかをクリック → スパイス解析ページ

 図1のおすすめ解析トップページにある、(右下の)詳細ガイドをクリックすると、次の図4が現れます。
 説明のため、緑色の実線で囲ってある、スパイスの領域をクリックしてください。

図4 詳細ガイドのトップページにある「スパイス」スイッチ
赤枠はスパイス解析に直行します。緑枠はサンプル画像ガイドページを経由します。
(画像をクリック → 拡大画像ページ)

 詳細ガイドのトップページにある「スパイス」をクリックすると、次の図5が現れます。  スパイス解析のサンプル画像ガイドページです。

図5 スパイス解析のサンプル画像ガイドページ
(画像をクリック → 拡大画像ページ)

 いずれも、かすかに色づいていますが、これは、後から色を加えたのではなく、もともとの原画像が持っている画像データを調整して色づけたものです。
 もとの原画像が白黒画像だと、このような、かすかな変化にとどまりますが、原画像がカラーだと、大きな変化が生じます。
 D), F), H) の3つは、疑似反転してあります。

図6 スパイス解析 C(ペッパー, Spoon1)
(画像をクリック → 拡大画像ページ)

図7 スパイス解析 D(サフラン, Spoon1)
(画像をクリック → 拡大画像ページ)

図8 スパイス解析 H(ローリエ, Spoon1)
(画像をクリック → 拡大画像ページ)

 スパイス解析のスイッチ

 スパイス解析のスイッチカラム(柱)にあるスイッチを、図9としてまとめました。

図9 スパイス解析のスイッチ

 リセット この解析ページのデフォルト値に戻します。
 画像呼出 画像を呼び出すためのダイアログボックスを開きます。
 スパイス スパイス解析の種類を選びます。
 Spoon スパイス解析のレベルを決めます。
 保存 KEEPは画像を一時保存します。画像保存は「名前を付けて保存」のダイアログボックスを開きます。

 カラー画像でスパイス解析を行ってみると

 医療白黒画像の中で、あまりコントラストが効いてなく、明るすぎたり暗すぎたりするMRI画像を、もっと見やすくするために開発したスパイス解析ですが、カラー画像に適用すると、大きな変化を生み出します。
 解析対象画像として、山に生えているウルシの木のカラー画像を選びました。
 図10で、青色になっているD) F) H) は、疑似反転していますので、ここのところの変化を見るため、図11で、ウルシの木の反転カラー画像を使いました。

図10 ウルシの木のカラー画像についてのスパイス解析
(画像をクリック → 拡大画像ページ)

図11 ウルシの木の反転カラー画像についてのスパイス解析
(画像をクリック → 拡大画像ページ)

 (Written by KLOTSUKI Kinohito, April 17, 2017)

 

医療画像解析ソフト ゴブリンアイズ ブランチページへもどる