コーネリアス/ブラックタフ

コーネリアス 他の惑星からやってきたエイプ型シナモン。博士号を取得している。言語学者。正確には思考言語学者。この町が天国にいちばん近いという噂を信じて、この町に流れてきた。

 ブラックタフ(黒色凝灰岩) この町生まれのコクジン型シナモン。ガイコクジン型シナモンとも呼ばれるが、この意味はよくわからない。一度は外の世界に出たが、色々なことがあって、うまくいかなくなり、ユーレイ(ユーラナシ)になって、この町に戻ってきた。外の世界では、色々な仕事についたが、その一つは、イグアナの調教士というもの。イグアナとテレパシーで意思を伝えることができる。現在、ユーウツ病なので、正規の処方箋でクスリを手に入れて、ハイになっている。イザナミ支局の共同体副議長。

「天国にいちばん近い町」のリストへ戻る
黒月樹人(treeman9621.com)「天国にいちばん近い町」より