ラースト・オブ・モヒカーン

ラースト・オブ・モヒカーン 完全個シナモン主義の、石綿ケーキの手配士および、熟練キメラ組み石士。通常の作業中は多くのシナモンを支配しているが、自由時間帯になると、一匹でふらふらとさまよい歩く習性をもつ。名前の由来は、たてがみと、背中がみと、尻がみとが、連続して密集して生えており、いわば、モヒカンベルト化しているということから。ラーストというのは、「生きた化石」と言う意味。オブは、オンブニダッコの短縮形で、共生状態を暗示する前置詞。

「天国にいちばん近い町」のリストへ戻る
黒月樹人(treeman9621.com)「天国にいちばん近い町」より