黒月樹人闘病記(m3)漫才台本/魔法使い(マ)と娘編「小顔」

黒月樹人(KULOTSUKI Kinohito 本名◇田中 毅 @黒月解析研究所)

黒月樹人闘病記ブランチページへもどる

 小顔

娘 魔法使いのおじさん
  お願いがあるの。

マ なんだね?
  この偉大な魔法使いさまに、出来ないことは何もない。
  何なら、月と太陽とを入れ替えて
  昼と夜を逆にすることだってできるぞ。えへん!

娘 いいえ
  そんなとんでもないことではありません。
  (心の声◇いっしょでしょ!
   夜勤と日勤とを入れ替えるだけじゃない。)
  あたし、もっと小顔になりたいの。
  そしたら、目もぱっちりして
  かわいくなれるでしょ。(同意を求める断定)
  それに、もう少し、このずん胴の腹をへこませて
  スマートになりたいし、なあぁ…

マ おお、それなら、ぴったりの魔法がある。
  それをかけてしんぜよう。

娘 うれしい!
  で? どうなるの?

マ まずはほおのぜい肉をとって
  あごも、つんととがらす。

娘 すてき!

マ のうみそはいらないから、頭はぺたんと平らにしておく。

娘 あたし、ばかだから、しかたないか。

マ 目もぱっちりと大きくなる。

娘 ほんと?

マ ほんとじゃ。決まっとる。
  ただし、複眼だがな。

娘 ふたつの目のことね。

マ いや、もっといっぱいだ。

娘 つまり、目がぱっちりでキラキラするのでしょ。(確認を求める断定)

マ そうだ。
  そして、中の脚と後ろの脚で立ち上がり…

娘 あしは2本でいいわ。

マ そういうわけにはいかん。
  この魔法のバージョンはセットになってかかることとなっとる。
  つまり、じゃるパックか? あるいはファミワリみたいなもんじゃ。

娘 なんだか分からないけど、まあいいわ。あしが4本ね。

マ そして、右手の鎌と左手の鎌とを振りかざし
  おもいっきりスリムな体を持ち上げて…

娘 なあに?
  あたし、分かんない。

マ 目の前の虫をつかまえて
  むしゃむしゃ食べることができる。

娘 カマキリかぁ〜
 (Written by KLOTSUKI Kinohito, September 06, 2016)

 

黒月樹人闘病記ブランチページへもどる